地球でとんでもない地殻変動か?メキシコで巨大な亀裂が話題に

日本でも台風や地震など様々な天災に悩まされる日々でございますが、海外でも同様に地元住民を震撼させるとんでもない災害が発生しようとしております。こちらはメキシコのソノラ州のとある地域。巨大な亀裂が地面を咲いているのがわかるだろうか。長さは2キロに及び深さは5メートルに達するところもある。今地球規模でとんでもない地殻変動がおきているのかもしれない。


動画URL

この亀裂が発生した詳しい原因は定かではないが、惑星ニビルの接近による影響や、地球内でとんでもない地殻変動が起こり、その影響により地震が併発しこのような亀裂が起きたのではないかという声もある。しかしもっとも有力なのは最近メキシコで起きた地震により亀裂が入ったのではないかと言う声が有力だ。もちろんあくまで説であり何の証明もされていない。


―長さ2キロ・深さ5メートル

この亀裂の長さは約2キロ、亀裂の深さは深いところで5メートルあると言われております。乾燥地帯に発生したことにより、亀裂が生じたのかも判りませんが、地震による影響だとすればあながち日本も対岸の火事とはいえず、実際地震により亀裂が発生し、地面がパックリ割れたと言うケースは良くあります。

もちろん地震の影響でないとすれば、地球内部でもっと恐ろしい事態が起きているという可能性もゼロではございませんが。

記事参照
http://areazone51ufos.blogspot.jp/2014/08/mexique-enorme-longueur-dune-fissure-de.html

(ライター:Take)

2 COMMENTS

秒刊名無し

どう見ても水が無く、普通なら農業が無理な処にデカい畑が在るシーンで此の映像が終わる。
⇒地下水のくみ上げすぎでしょうかね、地割れバリバリの原因は?

前田 進

壊滅的大地震を起す米国横断と貫通の2大断層地割れが発見された
2016.7.8
米国のCA州から東南へ1700マイル:2735.3kmの巨大な米国横断の断層地割れと、東部ニューイングランド州西北からミシシッピー州辺りまでの2200マイル:3540kmの米国貫通の巨大な断層地割れが、科学者によって発見された。北海道北端から九州南端までが1888kmだから、これらは巨大だ。これらは、巨大地震を起すという。米サイト"Before It's News"が2016.7.7に発表した。
http://beforeitsnews.com/strange/2016/07/scientists-found-a-1700-mile-crack-across-the-usa-heres-what-you-need-to-know-2464310.html 
 創造主らからの知らせによれば、米大地震はM9.2になる。これらの巨大な断層の激烈な活動が突発すれば、世界的な支配的帝国主義国米国の邪悪で腐敗した金権奴隷支配文明は壊滅必至である。 
他方、創造主らからの知らせによれば、米国のNY、ワシントンを含む東部と、西部のCA州は2016.9月の前半に海中へ沈没する。そのあと、日本の九州が海中へ沈没すると。
これも、創造主らによる地球大掃除の一環である。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。