「クレヨンしんちゃん」が香港で上場と話題に!?

「クレヨンしんちゃん」の中国語名「蠟筆小新(ラービィシャオシン)」の商標を取得し、中国本土でお菓子などを販売している会社、その名も蠟筆小新食品有限公司が、今年の第四四半期に香港の証券取引所に上場を検討し、話題になっています。

 


中国本土でお菓子などを製造している「蠟筆小新」有限公司は、中国本土で2番目に大きいゼリーのメーカーで、飲料水「クレヨン」や、「蠟筆小新」という名のお菓子を販売しています。

なぜ「蠟筆小新」という名の会社があるかというと、今から10年以上前になる、1997年に「クレヨンしんちゃん」の販売元である双葉社に無断で、中国の企業が商標登録をし、中国で裁判を起こした双葉社の訴えが退けられたため、いまでも使われているとのこと。

会社のホームページは現在改装中のようですが、製品名は「蠟筆小新」ですよね。

クレヨンしんちゃんは、中国のみならず、韓国などのアジアでは結構人気があり、「蠟筆小新」のFacebookページには、24万人以上がイイネするなど、かなりの数。

そんな中、「クレヨンしんちゃん」は香港でどういった活躍をするのでしょうか。

13 COMMENTS

秒刊名無し

先導民の>>1に釣られて流されるのはやっぱり出てくるんだな
これ甘く見てると韓国辺りで日本のキャラクターの韓国名を使ってる商標とかイメージキャラクターも使われて悪用されるぞ
もうやられてるんだろうが

現在コメントは受け付けておりません。