まさか…NBAで自分をダンクシュートしてしまった男の映像

 

NBAには、ハーフタイム時などにショーとして行われるイベントがあるのはご存知だろうか?
トランポリンなどを使って、パフォーマーがアクロバティックで豪快なダンクシュートを決めたりする。
しかし、今回紹介する動画に登場する男性はそんなパフォーマンスのさらに上を行く衝撃のパフォーマンスを見せた。

衝撃の瞬間は動画の後半に起こる。

 

実際の映像

 

 
動画URL

 

次の選手が迫ってきている中、彼は飛び過ぎて自らゴールの中へ。
運良く紙一重で接触も避けられたという、なんとも凄すぎるパフォーマンスです。
この動画は海外でもかなり話題になっているようで、
海外のユーザーも、

・凄すぎる。
・この試合で一番の見せ場だった。
・これがあるからNBAを見るんだ。
・一瞬の判断がすごい。
・彼は自分をダンクした。
・わざとか事故か、どちらにしても凄すぎる。
・パフォーマンスの一つじゃないか?
・彼はボールになった。
・で、何点なんだ?
・彼が太っていたらどうするんだ。
・アゴと肩をぶつけてないか?
・わざとっぽいな。
・次の選手が気にしていないのが凄い。

と驚きの声をあげている。

事故なのかわざとなのかは分からないが、
どちらにしろ、まさに神業と言っていいパフォーマンスだ。

ライター:木製みかん

 

 

9 COMMENTS

秒刊名無し

100m手前から助走してヘトヘトになりながらの1ゲト

秒刊名無し

前みたく伝えたい画像だけ連番でキャプチャして縦に並べて欲しい。
または何分何秒目から伝えたい部分があるのかも載せて欲しい。

名無し

いや、どう考えてもわざとだろ
勢いを殺してリングを掴み軽い逆立ちからにゅる~っと入ってるな。

秒刊名無し

狙ってやってるようにも見えるが、
事故っぽい気がする。あんなん変な引っかかり方したら
あぶねーもんな

秒刊名無し

おれがやるとスケキヨになりそうな気がする。

現在コメントは受け付けておりません。