センター試験、ありがちで笑える(笑えない?)5つのエピソード

ピクチャ 3

1月15日、16日に行われた、「センター試験」。

鉛筆を転がし…ではなく、真剣に4択に取り組んだ経験、あなたにもあるのではなかろうか。
ただ、全国一斉にやるだけあって、トラブルも絶えないのがセンター試験の特徴。今年も雪で時間割がズレたり、列車トラブルで送れる生徒がいたりなどなど。
そんな不可抗力のミスもあるが、案外多いのが「お前それはないだろ!」と言いたくなるようなミス。ということで、筆者が実際に見た・聞いた笑える(ガチで笑えない)ミスを書いていく!一般的なものから、結構バカなエピソードまで…


・受ける科目を間違える

かなり致命的だが、やってしまうことが多いのがこのミス。国立志願者を一発KOする威力がある。
「日本史B」を受けるはずが「日本史A」を選んでしまうという最も間違えやすい社会系科目と、「数学ⅠA」と「数学Ⅰ」と間違えてしまう数学系のミスが最も見られるようだ。

ただそれ以前の問題として、筆者がセンター試験に行くと「政経と倫理と現社どれ受ければいいのかなー?」なんて、一浪した先輩に聞かれたことも…

・鉛筆を忘れる

高校生にもなれば、普段鉛筆は使わないもの。ところがどっこい、鉛筆必須なのがセンター試験なのだ。
もちろん友人がいれば借りればいい(現役時は大体高校ごとに受ける傾向がある)が、ボッチで鉛筆がなければ…と、筆者の友人の友人は陥ったそうな。ただ、心優しい試験官が貸してくれたそうだが。

・生理現象に苦しむ

準備万端でセンター試験に臨んだつもりでも、案外多くの人が苦しむのがこれ。
尿意や便意に苦しむ…が一般的だが、筆者の友人(男子高出身)は、「女の試験官に興奮して…」
という理由で試験に集中できなかったそうだ。たまには女性アレルギーを克服しておくことも大事なのかもしれない。もちろん、そいつは浪人した。

・寝る。

前日眠れず。英語の途中で突っ伏していた友人が、実は寝ていたなんてことが実際に(そいつも言わずもがな浪人した)。
ちなみにセンター試験ではないのだが、某H政大学の試験で(風邪のため)筆者も寝たことがあるのは秘密だ。(ちなみに受かった)

・会場を間違える

たまにあるものの、周囲の人の善意で救われることも多いケース。
最後なので、心温まるエピソードで締めておこうと思う。

のとーりあす センター試験の会場がわからなくてタクシーにタダ乗り なお第一志望は私立

笑っても笑えなくても、センター試験は1年に1回しか無い。まあ人生で何回受けるかは、人次第だけどね!もし今この文を受験生が読んでいたら、静かにPCを閉じて勉強するのがいいと思うよ。

マグネットプレス=土屋順紀

19 COMMENTS

秒刊名無し

最終学歴が関東自動車学校なオレには関係ない話だった

秒刊名無し

ブルマ狙いで女子校に入ったオレには関係ない話だった。

秒刊歯無し

つか記事内容が非常にチープw
俺が書いた方がもっと人を惹きつける内容に出来るあるよ

秒刊名無し

結論: 筆者の友人はロクなのがいない

秒刊名無し

この記者ってのは湯川の妄想の産物だから
みんなあまり触れてやるな。

秒刊名無し

なにぃーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
法政大学にうかるとは11111111111111111111111111111111111
あたまよすぎる1111111111111111111111111111111111111
法政卒なんてすばらしいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

現在コメントは受け付けておりません。