コロナで無法地帯となった中国の農場、ゾウが酒を盗み宴会を開く騒動が発生

もはやコロナウイルスの問題は、日本のみならず世界中の問題となっております。そんな元となった地域が、中国武漢といわれておりますが、その中国では最近まで人が外をであることが出来ず、外出の規制がしかれていたため、農業をやっている方々には深刻なダメージを与えております。そしてその結果こんな事になったようです。

象の群れ、農場を荒らす

海外メディア「DailyMirror誌」の報道によりますと

まるで、ドラクエか何かの物語のようですが、無人と化した農場に、そのスキを狙いゾウが大量に押し寄せてくるという騒動が発生しているようです。コロナウイルスの影響で人々が居ないという絶好の機会を狙った模様です。

現在、世界中で20万件のコロナウイルスの症例が確認されています。もちろん、なぜ人が居ないのかは彼らは知る由もないわけですが、居ないのは好都合であることには違いありません。

酒用のコーンを盗んだゾウ、その結果

およそ14頭のゾウは農場の30キロにもおよぶ「酒用のコーン」を我が物顔で盗むも、それが酒だとはしらず、意識が朦朧とし、そのまま酔いつぶれてしまった模様。

まさに、花見の宴会のような状況だったようですが、そんな酔いつぶれたゾウの様子を撮影した写真が上記のツイートです。

元々は食べ物を探していたようですが、偶然なのか、それとも狙ったのかはわかりませんが、あろうことか、酒にありつくとは驚きです。

収穫前のエイリアンのような白菜も話題ですが

これが本当の話なのか、それとも面白おかしい作り話なのかは、現時点で定かではないのですが、これでコロナなどのウイルス消毒となると考えているのだとしたら、さすが自然界の生き物といわざるをえません。

掲載元
https://www.mirror.co.uk/news/weird-news/coronavirus-elephants-break-farm-self-21719583

画像掲載元:写真AC