ペヤング、手順を入れ替えるだけで1.2倍美味しくする方法

image:秒刊SUNDAY

ペヤング焼きそばは誰もが一度は食べたことがあると言っても過言ではない定番食品です。筆者自身もペヤングは好きで、もはや作り方なんて見ずに作れるほど何回も食べています。そんなペヤングを作る手順の一部を変えるだけで、いつものペヤングよりも少しだけ美味しくしてしまう裏技をあなたは知っていたでしょうか。

かやくを後入れする方法

あるツイートがふと目に入りました。ペヤングを食べる時にお湯を捨てた後に「かやく」を入れると、捨てきれなかった余分なお湯をかやくが吸ってくれて美味しくなるというものです。言われてみれば少し水っぽさを感じる時もありました。

ペヤングのかやくを後入れしてみた

image:秒刊SUNDAY

かやくを後入れして、しっかりと食べれる状態になるのか疑問ではありますが、一度試してみましょう。

image:秒刊SUNDAY

今回はかやくを入れずにお湯を入れて、

image:秒刊SUNDAY

しっかりと待ちましょう。蓋の上にかやくがある光景を見るのは人生初です。

image:秒刊SUNDAY

お湯を捨て切ったら、

image:秒刊SUNDAY

ここでかやくを投入します。

image:秒刊SUNDAY

しっかりと水気を吸ってくれる様に、振りまくりましょう。

image:秒刊SUNDAY

後はいつも通りにソースをかけたら、

image:秒刊SUNDAY

完成です。見た目は特に違和感ありません。いつも通りのペヤングです。

image:秒刊SUNDAY

早速食べてみると、かやくはしっかりと食べられる状態になっています!

普通に作るものと大差はありません。これは公式手順としても採用されて良いんじゃないでしょうか。

image:秒刊SUNDAY

最後の方まで来ると水気を感じることも多々ありましたが、そんなことも無く最後まで食べ切ることができました。かやくを後入れするだけのシンプルな方法なので、皆さんも一度試してみてはいかがでしょうか。

ペヤングといえば、新商品「ポテト」も話題です。しかし、ウマいけど少し物足りなかったので、豪快にアレを足してアレンジしてみました。