台風24号「伊勢湾台風クラス」と誤解が拡散!東海地方震え上がる。

猛威を振るう台風24号。非常に強い勢力を保ったまま紀伊半島に上陸する見込みで、前回の台風21号が実に25年ぶり勢力で上陸したのは記憶にあたらしいわけですが、それからわずか1ヶ月以内に再び非常に強い台風が上陸してしまいました。ネットでは「伊勢湾台風クラス」との情報が拡散しております。

伊勢湾台風クラスではない

さて今「伊勢湾台風クラス」との情報が拡散しておりますが、これは少々誤りです。伊勢湾台風クラスではなく、『伊勢湾台風による過去最高潮位に匹敵する記録的な高潮となるおそれ』と名古屋気象台が発表しているのです。つまり、勢力や気圧などが伊勢湾台風クラスのものが接近している印象がありますが、実は高潮が伊勢湾台風クラスということです。

出展:名古屋気象台
https://www.jma-net.go.jp/nagoya/hp/asl/t1824_houdou.pdf

伊勢湾台風クラスと誤った情報が拡散

ただし勢力は「非常に強い」

しかし勢力は「非常に強い」というクラスで18:00現在の気圧は950hpa。決して気を抜く強さではございません。ちなみに伊勢湾台風は上陸時に930hpaですので、更に勢力は強かったわけです。

いずれにせよ、注意し無くてはならない台風であることは確かですので、今後東海地方に上陸した際は厳重な注意が必要です。

画像掲載元:ひまわり