女性蔑視といわれ消されたVTuber「戸定梨香」、製作者が自称フェミニストを完全論破と話題に

千葉県松戸市のご当地VTuber『戸定梨香(とじょうりんか)』が、千葉県警の交通安全の啓発動画に登場したことで、このキャラクターは女性蔑視ではないかと物議を醸しました。当動画は『全国フェミニスト議員連盟』の抗議を受け、千葉県警のYouTubeから9月10日に削除されました。しかし、戸定梨香のプロデューサーが団体の抗議に対し反論したのです。

女性蔑視といわれたご当地VTuber『戸定梨香』

戸定梨香は、株式会社Art Stone Entertainmentがプロデュースしている、千葉県松戸市ご当地VTuberアイドルです。

そんな人気VTuber戸定梨香が、自転車を利用する時のルールなどを説明し、交通安全をPRするために千葉県警のYouTubeチャンネルに登場しました。

しかし、全国フェミニスト議員連盟が『戸定梨香というVTuberは、セーラー服のような上衣で、丈は極めて短く、腹やへそを露出しています。体を動かす度に大きな胸が揺れます。下衣は、極端なミニスカートで、性的対象物として描写し、かつ強調しています』と主張したことで、千葉県警のYouTubeチャンネルから動画が削除されることになったのです。

女性VTuberの啓発動画「性的」指摘受け 千葉県警が削除

同団体の抗議に対し、戸定梨香をプロデュースしている『Art Stone Entertainment』(松戸市)の板倉節子代表が次のように反論しました。

「抗議をなさった団体は、謝罪も要求されていますが、誰に対する、何に対する謝罪を求めているのかわかりません。そもそも私も女性、制作に携わったのも全て女性。性的な対象物として描写したつもりも、強調したつもりもありません」

引用:デイリー新潮

製作者は全て女性、プロデューサーがフェミ団体を完全論破と話題に

プロデューサーである板倉節子代表が、携わったのは全員女性であり、戸定梨香は性的対象物ではないとコメントしました。

女性が女性を蔑視する理由があるはずもなく、「抗議した団体が性欲強くて、頭が女性の性的描写で満たされてるだけ。」「これを性的とみて抗議する方が性的にヤバい。」「フェミはセーラームーンやプリキュアをいやらしい目で見てるんかね?」と、フェミニスト団体の抗議に違和感を感じている様子が伺えました。

女性軽視であると批判を寄せた全国フェミニスト議員連盟は、今後コメントを出すことはあるのでしょうか。