手洗いを30秒絶対にしたほうがいいと瞬時にわかる画像が話題に

コロナウイルスの影響で、とにかく必要性が高まっているマスク。確かに口の中にウイルスが入り込み病気を発症させるというリスクは回避したいものですが、それと同じぐらい気をつけなければならないのが、手洗いうがいです。人間の手には様々な雑菌が繁殖しており、それがいつ口の中に入るかわからないのですが、いかんせん実感がない。しかしこちらの写真を見れば一目瞭然です。

一目瞭然で手洗いが必要と分かる画像

こちらは海外ユーザー「クリステン・ベル」が公開した写真です。左上が手洗いをする前の状態で、青く光っているものがウイルスです。つまりこの青く光っているウイルスが手に付着していればしているほど、危険性が高まるわけです。

で、これを30秒間手洗いをするとどうなるかというのが、右下の写真です。青白い光は一気に消えて、キレイサッパリになっているのがわかるでしょうか。

つまりマスクばかりに気を取られていると大変危険で、手にも注意を払わないと、自分だけでなく、他人にウイルスを拡散させてしまうリスクが有るということです。

たった30秒手洗いをすればこうして防げるとのことです。

マスクの他、あらゆるものが店から消えていくという現象が起きておりますが

溜め込んだその商品が不要になるという状況もそのうち発生することを踏まえると、今買いだめし、不要な外出をするというのはたしかに懸命ではないのかもしれませんね。

掲載元
https://www.thesun.co.uk/news/11119391/pictures-show-wash-hands-important-avoid-coronavirus/

画像掲載元:写真AC