島谷ひとみ(39)さん、東京=コロナは辞めてほしいと切実に訴え

島谷ひとみといえば、「パピヨン 〜papillon〜」が有名な曲ではありますが、その他数々のヒット曲を世に送り出し話題を読んでおりました歌手。最近ではなかなかお目にかかることがなく、どうなったのか気になっている方ごおいのかもしれませんが、彼女が投稿したインスタグラムの内容にネットが衝撃を受けているということです。何を投稿したのでしょうか。

東京=コロナと思うのは辞めましょう

View this post on Instagram

東京の人=コロナという考えはやめましょう。 気持ちはわかります。 みんな同じ。 ただ、 軽く簡単に口に出すのはやめましょう。 傷つきます。 それぞれに対策を取ったり、考え行動し、そこに知恵を振り絞って生きている人が沢山いるんだよ。 一人一人のことなんて相手には分からないこともあります。 考えましょうね。 何人の人に言われたことか。 冗談だとしても応えます。 そんなつもりじゃないは通用しないんだから。 あなたは自分の家族にどんな声をかけますか? みんな明日は我が身です。 どこにいても、すぐそこにコロナウィルスがいると思って行動するよう心がけましょう。 ウチは平気!はやめましょう。 けど、みんな不安なんだよね。 怖いんだよね。 その気持ちも分かるな。 人は1人じゃ生きていけないからね。 こういう時に、人の愛は滲みるね❤️ #コロナ差別を無くそう #島谷ひとみ

A post shared by shimatani hitomi (@shimatani_hitomi_official) on

さて島谷ひとみさんが投稿したインスタグラムがネットで騒然としております。内容としては昨今のコロナ問題のことではありますが以下の内容で投稿されております。

「東京の人=コロナという考えはやめましょう」「気持ちはわかります。みんな同じ。ただ、軽く簡単に口に出すのはやめましょう。傷つきます」

と、どうやら彼女に対しコロナという印象を与えるような、メッセージが送りつけらたことを示唆しております。また、実際に何人の人にも言われたということで、ひどく傷ついている模様。

実際に昨日あたりから「#東京脱出」などの投稿が目立ち、それに対し、地方に来ないで欲しいという趣旨のメッセージが対立し、ネット上は殺伐としております。

島谷ひとみさんは歌手として活動し、現在東京に住んでいるものと思われますが、元々は広島出身。しかもポップスではなく演歌歌手としてデビューし、広島県出身。「パピヨン〜papillon〜」をヒットさせた後次々とヒット作品を世に送り出す。

そんな彼女も現在39歳。ライブ活動を通じ積極的な音楽活動をしてきた彼女に新たな、ジャンルでの発信が行われることとなった。

一体今後何が起きるのか、期待したいところであります。