何かとお騒がせ柴咲コウ(38)の現在の姿が衝撃すぎると話題に

柴咲コウといえば、福山雅治のガリレオなど、一時期ドラマやCMなどで引っ張りだこの女優ではありましたが、最近ではちょっと違った路線で話題となっていることが多いようです。とはいえ、もちろん既存の女優業に関してはやめたというわけではなくそのまま続行ですが、それが最近割とビジュアルも変わったようです。

柴咲コウといえば

柴咲コウといえば、日本の女優であり歌手。最近は実業家としての活動も行なっております。。スターダストプロモーションを経てレトロワグラース所属の1981年8月5日 (年齢 38歳)となっております。

最近では、種苗法改正に問題提起。一部ネットユーザーから誹謗中傷や脅迫などを受けている。それについて「法的措置も検討しています」と発言しております。

Source:日刊スポーツ

そんな彼女、今までのヘアスタイルは、あくまで横分けの、大人な女性というイメージです。まさに強い女。強気で負けず嫌いなんていうイメージがあるのかもしれませんが、実は最近は違います。

最近は何があったのか、ちょっと女の子らしい、そんな印象を与えるそんな写真が話題なのです。それがこちら

前髪おろした柴咲コウ。

なんて可愛らしい。やっぱりおんなのこ、だったのです。できればずっと前髪おろしてほしい。そんな気持ちにもなるのですが、彼女のイメージや印象がちょっと違うので、これはかなりレアになるのではないでしょうか。

現在の仕事がヤバすぎると言われた彼女

ということで今後の彼女にどんどん注目していきたいものです。

柴咲コウ

女優・アーティスト。
2017年NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」では主役を演じる。
2016年持続可能な社会を作るためにレトロワグラースを設立。2018年環境省より「環境特別広報大使」に任命される。
2019年9月には初のエッセイ『LIFE THE KO 生きるを活かす9のこと』、写真集『THE KO 柴咲コウ photo book』を同時出版し、自らのライフスタイルを発信した。
音楽活動においては近年、Jazztronik 野崎良太氏をサウンドプロデューサーに迎え、ワンランク上の上質な楽曲制作をしている。

Source:柴咲コウオフィシャルサイト