テレビの節電方法に衝撃の事実が

image: pixabay

ひと昔前ブラウン管のテレビが流行ったころ、テレビの節電方法が、日本中に吹き荒れたことがあった。それは、テレビを見ない時には、テレビ本体の主電源のスイッチを切るというものでした。筆者も小さいころに両親からテレビの視聴を終えたら、必ず主電源を切るように伝承されてきたため、現在でも、当然行っていますよ。

テレビの主電源は切ってはダメ

筆者も調べてみた結果、最近のテレビは番組表の更新やソフトウェアやメンテナンス情報などの更新などを行っているという意見もあります。

主電源を切ってしまっていると情報更新できず、主電源をつけた際に、膨大な情報が一気に流れ込むためテレビ本体に付加がかかるため、結果的に寿命を短くしてしまうということが起きてしまう可能性があるとのことです。

image: pixabay

せっかく最新の4Kテレビを何十万円で購入しても、昔の節電方法を行ってしまうと、電源基盤が故障してしまい修理費用に何十万円かかってしまうので、非常に注意が必要である。

筆者も自宅でテレビの節電方法を行ってしまい、怒られた経験があるので皆様は同じことしないようにしてください。

テレビで鬼滅の刃や呪術廻戦を見る時も気を付けて

Source:twitter