祝福されない聖火リレーがスタート、YouTubeライブ配信の視聴者が少なすぎて悲惨

image:pixabay

新型コロナウィルスの影響で1年延期されてしまった『東京2020オリンピック』でしたが、コロナ禍で行われる前代未聞のオリンピックとなりそうです。そんな中、本日3月25日に聖火リレーがスタートしました。厳かに行われた式典でしたが、祝福されない聖火リレーと言われてしまっています。

祝福されない聖火リレー、直前に辞退者続出

聖火リレーの第一走者を務める予定だった、元なでしこジャパンの澤穂希さんが、体調不良を理由に聖火リレーを辞退しました。

そのほか、広末涼子さん、宇野昌磨さん、黒木瞳さんなど著名人が辞退したと報じられています。

本来であれば祝福される中行われるはずだった聖火リレーですが、「この状態での聖火リレーはやりきれない。」「正直聖火リレーとか心から祝福できない」と、辛辣なコメントが寄せられていました。

祝福されない聖火リレーと揶揄されてしまっていますが、YouTubeの『Tokyo 2020』チャンネルでライブ配信を行っており、視聴者が少なすぎて悲惨とも話題になっていました。

YouTubeのライブ配信、視聴者が少なすぎて悲惨!

1年間延期された聖火リレー。祝福されないとは言われていますが、そうはいっても注目はされているのではないでしょうか。

ちなみに筆者マギーもYouTubeのライブ配信をみながらこの記事を執筆しているわけですが、見始めた時、9時頃の視聴者は400人程度!

世界中に配信されているライブですが、こんなにも少なくて大丈夫なのでしょうか?式典が終わる直前の9時半ごろでさえ多くなっても700人ほどと、かなりさみしい視聴者数となっていました。

「ボヤけて男女も定かでない」「顔がわからん」「これ公式?素人がやってもこうはならん」と、画像の悪さが視聴者数に影響を及ぼしているのかもしれません。

東京2020オリンピック聖火リレー グランドスタート / Tokyo 2020 Olympic Torch Relay Grand Start

FNNプライムオンラインのYouTubeチャンネルのほうが画像がキレイでカメラワークも見やすいという声が上がっており、こちらで見ている人が多いですが、それでも5,000人ほどの視聴者となっています。

source: FNN 東京オリンピック聖火リレー グランドスタート

YouTubeでは圧倒的に視聴者数が少ない聖火リレーでしたがLNE LIVEはぞくぞくと視聴者数が伸びており、80万以上が見ていることがわかります。

祝福されない聖火リレーと言われコロナ禍で行われる前代未聞のオリンピックとなりましたが、「なんとしてでも成功に持って行ってほしい!」「スタート地の福島の人たちの笑顔が見えたから黙って応援するのも良いんじゃないかな」「テレビの前で応援しちゃう。」と、応援の声も数多く寄せられていました。

今回の東京オリンピックは30年前の伏線回収と話題にもなりましたが、ここまできたら開催に向けて応援したいという方も多いのではないでしょうか。