サファリパークで、ライオンを撫でてみた、とんでもない事態に

image:秒刊SUNDAY

日本のサファリパークでも、動物に手を出してはいけませんとか、窓を開けてはいけませんとか、そんな注意が促されるわけですが、当然飼育されている動物は、調教をウケているわけではないので、最悪の事故は想定しなければなりません。そんな中、こちらのサファリではさらなる恐ろしい状況が待っております。リアルなサファリです。

リアルサファリでライオンを撫でてみた

サファリはサファリでもこちらは一味違う、リアルなサファリ。まあ、ようはサファリパークと言うより「ザ・自然」のサファリツアーです。

タンザニアのセレンゲティ国立公園では、野生のライオンなどを見ることができるツアーが組まれており、観光客は車の中から野生の動物を見学できます。

当然、日本にあるようなサファリパークとはわけが違い、そこにはありのままの野生の動物が暮らしております。そんな中で人間が襲われたらひとたまりもなく、待っているのは「死」のみです。弱肉強食の中、人間はただの動く肉でしかないのです。

そんな状況で、今回はとんでもない観光客が、現地のマサイ族を激怒させているという。なんとあろうことか、車の窓を開け、そのままライオンをナデナデ・・・。

マサイ族も青ざめるこの観光客の行為。いったいどうなったのか。

このYouTube動画はマサイ族により公開されたものですが、マサイ族いわく

「ノミ程度の脳みそしか無い非常に馬鹿げた観光客だ。これをやれば簡単に死ぬ。」

と、怒りを顕にしております。

リアルライオンキングの話も衝撃的でしたが

このよう自然な現地でもIT化が進み、観光客の行為がYouTubeにさらされるという、マサイ族の対応もまたシュールだ。

Source:MirrorUK