洗濯乾燥機で、洗濯物がカビ臭くならないライフハックが話題に

梅雨の季節には、洗濯物を外に干せず、部屋の中で干すということも多くなります。また洗濯乾燥機の活躍する機会も増えてくるわけですが、問題なのは乾燥機の中がカビ臭くなり、洗濯物にまでそのにおいが移ってしまうということです。洗濯乾燥機のそれは宿命なのかもしれませんが、こちらの方法でなんとその問題を解決できるかもしれないのです。

洗濯乾燥機の中での匂いを回避する方法

今回紹介するのは、掃除洗濯のファンが運営するインスタグラムアカウント「@ mrs.ds.cleaning.reviews」で、洗濯乾燥機で最高の香りを保つ方法というライフハックが投稿され話題を呼んでおります。

あの匂いから開放されるのであれば嬉しいことではありますが、買い換えるにも、メンテナンスするにも面倒である。そうなればこちらの方法が有効的・・・ということです。

で、その方法というのがこちらの動画にある方法なのですが、驚いたことに用意するのは、タッパー・スポンジ・そしてレノアです。

レノアを十分に浸したスポンジを、よく絞りそして乾燥機の中に投入。なるほど、レノアの匂いが十分に染み込んだスポンジを乾燥機の中に入れることで、乾燥中にその匂いが、爆発する。ということのようです。

こんな方法でいいのか・・・と思うのかもしれませんが、これと同じような機能の商品が「乾燥機用ソフラン」として存在するぐらいですので、それを自炊するという意味では良いのかもしれません。

洗濯機についている隠し機能も衝撃的でしたが

もちろん、カビの原因となる乾燥機の問題をしっかりメンテするというのは、必須ではあります。乾燥機用ソフランの費用を浮かす目的では良いのかもしれません。

Source:MirrorUK