相次ぐプリウス事故で「プリウスミサイル」なる言葉が誕生する

先週幼稚園児に車が突っ込むという恐ろしい事故が発生し命を落とす児童が社会問題になっておりますが、それ以外にも多くの交通事故が発生しており、この問題を止めることは誰もできない状況です。また先月も池袋で大きな事故があり、その際に乗車していた車がプリウスだったことが判明し、プリウスが問題視されております。

保育士が園児をかばう

そして、また大きな事故が話題となっております。千葉県の公園で保育園児が遊んでいた砂場に乗用車がつっこみ、30代の保育士が骨折したということです。その際に乗車していた車がプリウスだということです。

また先月発生した池袋の事故でも同様に「プリウス」で、乗車していた方によると「車が急に発進した」などと話しており、最近ではこのプリウスでの急発進事故を「プリウスミサイル」などと揶揄されるようになりました。

相次ぐプリウスの事故、一体何が原因なのでしょうか。

池袋の事故では某有名人だったということで、現在もネットで「上級国民」であると理由づけされておりますが

我々はこのような事故をいかにして防ぐか、そして避けるかがテーマとなりそうで、北朝鮮のミサイルよりも遥かに当たる確率は高そうです。

画像掲載元:写真AC

1 Comment

匿名

北はテコドン、ノドン日本はプリウスって事か

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。