93歳の婆さん、腐ったプリンを気づかず食べた結果

image:pixabay

プリンと言えば、今やどこにでも売っている最もポピュラーなスイーツではありますが、それだけに多くの種類があります。もはや何種類あるのかもわからない状況ではありますが、こちらのプリンは、ちょっと特殊なプリンです。それを93歳のおばあさんが食べてしまったから大騒ぎ、一体何がおきたというのだろうか。

Asdaライスプリンがとんでもないことに

こちらは、イギリスにある人気スーパー「アズダ」で売られているライスプリンというもの。プリンと言うよりヨーグルトのような風貌ではありますが、これがとんでもない問題を起こしておりました。

ウスター出身のエッタさん。93歳のおばあさんなのですが、このライスプリンを食べたところとんでもない事実が発覚。

なんとその賞味期限を甥の「テリー」さんがみたところ、12月5日。既に2週間近く前に切れていたのです。

それがこちらの商品

緑色のカビがあります。

エッタいわく、最初は普通に見えたとのことですが、次第に胃のむかつきを覚え、今回のカビが発覚。既に腐っていたのです。

驚いた甥のテリー、93歳の婆さんが食中毒で死んでしまうんじゃないかと大慌てをしたのですが、彼女は1週間後には元気になったということです。

テリーは「生きていてラッキーだった」と話しているという。

Souce:MirrorUK