やられた!客寄せパンダ「ミュウツー」を餌に「ポケモン新作」プロモをぶち込み大成功する

21日からミュウツーが通常のレイドバトルに登場したことで、再び非アクティブユーザをポケモンGOの世界に呼び戻したナイアンティック社。3連休ということもあリ大賑わいを見せており、ミュウツーが登場すれば、現場はかつて無いほどの人類大移動。ポケモンGOは廃れたという理論は一蹴されました。さてそんななか、こちらの謎のポケモンの詳細が判明しました。

謎ポケモンは「メルタン」

3連休の中日、突如湧き出てきた謎のポケモンは「メルタン」という幻のポケモンだそうで、完全な新種だそうです。そのためナイアンティック社も事前に発表できなかった予想外の出来事らしいのです。分類はナットポケモンで、タイプははがねのようです。液体金属で相手の体内に侵入することができるらしい。

現在はメタモンが化けているだけなので本当の「メルタン」がいつか登場するのだが、それが今度の任天堂Switchのポケモン新作『ポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ』『ポケットモンスター Let's Go! イーブイ』で判明するとのこと。

乞うご期待!

・・・何じゃそりゃ!日テレもびっくりするぐらいの、ひっぱりぶり

幻のポケモンメルタン
https://www.pokemon.co.jp/ex/pika_vee/maboroshi/

3連休の中日そして15:00に放出した理由

さてこのメルタン、22日という3連休中日の15:00に放出されました。一体なぜなのでしょうか。
その理由としては、その時間最もトレーナーがプレイしている可能性が高いからではないでしょうか。その根拠として、3連休という絶好のタイミング、そして・・・

マックでミュウツーが15:00に出ると予告がされておりました。
つまり、15:00にマックにポケモントレーナーが多くいる、もしくはプレイヤーがアクティブ状態であるという可能性を鑑み、このタイミングで「メルタン」をリリース。

そしてミュウツーを血眼になって捕獲しているトレーナーに新種が、大量に放出されるという想定外の冷水で、更に衝撃を与えるという作戦。以上をまとめるとこのような感じです。

1:みんなが欲しいミュウツーを3連休に炊き出す(不定期)
2:マックが15:00に必ず配布すると宣言→アクティブユーザーが多い!
3:そこに告知用ポケモンをぶち込む→SNSで拡散される!
4:ウマー

マックならば、田舎が優遇されているなどというクレームもなく、人が集まりやすい。

案の定、ネットでは「ポケモンGOのバグではないか」「ナイアンテックやらかしたな」などの反応が。でも実はそれ『ポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ』『ポケットモンスター Let's Go! イーブイ』のなんとも巧妙なプロモーションだったわけです。

https://twitter.com/Azelf_poke0579/status/1044573461937410048

ターゲット、時間、手法。全てにおいて頭が良すぎるこの告知戦略は、なんと自社媒体での話題作りであるため、CMを打ったりするなどの広告費用より遥かにコスパが優れている。やってくれましたねナイアンテック社

そう、ミュウツーはこの告知のためのただの「エサ」に過ぎなかったわけです。
これを踏まえると、次回デオキシスが通常のレイドバトルに登場する際は新たなポケモン新作リリースの告知に使われる可能性も高いわけですが、若干その巧みな戦略も期待したいところでもあります。

過去最高の売上を記録しているポケモンGO https://venturebeat.com/2018/06/26/pokemon-go-has-its-most-players-since-summer-2016/

5月には1億4000万ドルを稼ぎ、前年より174%も増加。
この勢いはとまりません。