ピエール瀧のコラ画像拡散にネットが怒りの渦!ネット民を舐めるなと発狂中!

いわゆる便乗・炎上商法。ピエール瀧に関するコラージュ画像が拡散し、波紋を呼んでいる。誤植記事を書いたとツイートされた時事通信は、これを完全否定した。第二次バカッターブームに乗った新たな手口。これは、時事通信社が画像制作者に対して、今後、業務妨害による、刑事的・民事的措置を取って来る可能性がある。完全に狂った国、ニッポンになってしまったのか!?

問題のコラ画像

ピエール使用の疑いでコカイン瀧容疑者を逮捕

このツイートが瞬く間に拡散していた。現在は、削除されている。ここで名指しされていた時事通信社は、以下のように、この配信を完全否定した。

時事通信社の主張

時事通信社、ピエール瀧容疑者めぐる「誤植記事」に注意喚起

「ピエール使用の疑いでコカイン龍容疑者逮捕」と記された画像。誤植記事の配信は事実ではないと否定した。

こういった犯罪になる可能性がある行為を、わざわざ行う意味が全く理解出来ない。バカッターの大活躍に、Twitter上では「ネットも大変だね」という声が上がっている。

ネットの反応

全てが論外

ピエール容疑者は、自分の将来を予測するような映画にも出ていた。

芸能人や野球選手の薬物蔓延。一時の忙しさを紛らわすため、一時の快楽のために使うのだろうが、世間に影響力がある人物の逮捕は、関係各所に多大なる迷惑、そして損害をもたらす。出演番組での出演変更の対応、CMなどの打ち切り、コンサートツアーの中止など、影響は計り知れない。

こんな基本的なことも、理解していない人物が、ファンに夢を与えていたかと思うと、大変残念だし、ファンの皆さんの気持ちを慮ると、やるせない気持ちになる。薬物蔓延を、こういった影響力がある人物が、本当は、止めていかなかければならないのだが。

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。