大黒摩季(49)あの都市伝説を超える衝撃的な過去が明らかとなりファンが騒然とする事態に!

「夏が来る」「熱くなれ」「ららら」などヒットを飛ばし続けた大黒摩季さん。デビュー当時はメディアに露出することもなく「大黒摩季三人説」といった都市伝説も広がりました。最近ではテレビなどにも出演して姿を拝見することも多くなりましたが、今まで触れられなかった過去の話もするようになり往年のファンが歓喜する事態となっています。

大黒摩季の都市伝説がヤバい

View this post on Instagram

生放送終わりましたーーっ‼️✨😂秒きざみに追い込まれる緊張感パネ〰️〰️っ😱聞いてくれた皆さんらぶ❤️聞き逃した方に朗報です😉💕ていうか時間なくて言えなかったのですが(苦笑) #NHK ラジオ より : この番組を聞き逃した方や、もう一度聞きたい方は、 #NHKラジオ 「 らじるらじる 」を利用して、パソコンやスマートフォンなどの端末で、9月2日(月)午後6時~9月9日(月)午後6時まで、「 #RADIO1990 」5日分まとめてお聴きいただくことができます❗聞き方はネットで「 #らじるらじる 」を検索してください✨ : とのことです😉👍 #大黒摩季 #ラジオ

A post shared by 大黒摩季 Maki Ohguro Official (@makiohguro) on

神秘のベールに包まれた歌姫と言ったら大黒摩季さんではないでしょうか。

デビュー当時はあんなに売れているのにメディアへの露出がなかったため、作詞作曲で一人、モデルで一人、歌手が一人の計3人で大黒摩季という人物を作り上げているなんて都市伝説もありました。

大黒はメジャーデビュー後しばらく、一切テレビ出演をせず(デビュー直前にフジテレビの「ミュージックフェア」に1度だけ出演している)、ライブ活動も一切しておらず、CDのジャケット写真こそあるものの、その人物像は全く謎であった。
その一方で、曲調といい特徴的なボーカルといい、極めて高い完成度に奇妙な噂が浮上した。「大黒摩季は5人いる」説だ。

引用 https://www.excite.co.jp/news/article/E1466993404576/

3人説だけに留まらず、5人説、6人説、更には存在していない説まで流れるという当時ならではの都市伝説に学校や職場で盛り上がった人達も多かった事でしょう。

ミュージックステーションに出演した事を皮切りに、コンサートなども積極的に開催しその圧倒的存在感を見せつけました。

そんな都市伝説が流れる前、実は知られざる過去があったのです。

それがこちら。

ZARDのバックコーラスをしていた事が明らかに!

ZARDは1991年(平3)にシングル「Good-bye My Loneliness」でデビューした。同シングルのジャケット写真は、レコーディングの最中に撮影されたが、実はまだデビュー前で、当時下積み生活を送っていた大黒が、コーラスとして参加。

引用 https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201904190000632.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp

なんと、あのZARDのバックコーラスを担当していたとは驚きです!

しかも、大黒摩季さんがデビューを果たしてスターダムに上がった後もバックコーラスを務めていたと言うからさらに驚きが隠せません。

神秘的な歌姫坂井泉水さんと、奇妙な都市伝説を作った大黒摩季さんの共通点に歓喜した人も多かったのではないでしょうか。

都市伝説と言えば、花の82年組を代表する妖艶なあのアイドルの怖すぎる都市伝説も、令和になった今でも語り継がれていますね。