クリスマス時のリア充と非リアに温度差がどれだけあるかが話題に

メリークリスマス。まあまずは落ち着こう。コロナ禍においてもクリスマスはクリスマス。中には浮かれている人もいるだろう。仕事終わり、恋人との待ち合わせまでの間に暇つぶしで読んでくださっている方もいるだろう。あえて言おう。君は見なくて良いんだよと。ここは今から陰キャが陰キャと共にその状況を笑いあい、励ましあう、そんな場なのだから...

リア充と非リアの具体的な温度差は・・・

アクセサリーなどを扱うブランド、4℃。正直なんて読むのかわかってません。筆者はヨンドって読んでます。何でしょう、冬にしてはとても暖かい日(北海道的には)という意味なんでしょうか。まあ、それはいいや。それに対し我々はストロングゼロで手っ取り早く次の日(願わくばお休みの日)まで記憶という名の時間を飛ばしてしまおうという魂胆でストゼロを飲む。ストゼロはー196度。そこにはなんと200度もの温度差があるという説が実しやかに流れておりました。うん、正しそうです。

Twitterの反応

クリぼっちの方は、しっかりと自粛を守り、健康という名の代えがたい大切なものを守っていく。あ、これは崇高ですわ。

36℃ってなんだろう。体温?

合ってました。なるほど。でもうちには猫(37℃から38℃)がいるので安心です。

今年は悲しい気分だった方も、笑って気分が晴れたという素晴らしい報告。人間って強い。笑う人には福が来ます。

ストロングゼロの強烈さを受け止める素敵な相棒(ツマミ)をお探しの方は、こちらの最強コスパのチキンを買えばよいと思います。一人だと多いんだけどな...。皆に幸あれ、メリークリスマス!

画像掲載元:ぱくたそ