ついに人形が勝手に動く、顔面蒼白のポルターガイストが撮影される

image:pixabay

現実世界では考えられない問題や、奇妙な現象などが発生し、それが科学的には証明できないなんてことはよくあります。例えば、オーソドックスなものでいえば、幽霊やおばけなどは原因がわからないものばかりです。そんな中でもこちらのポルターガイストに関してはよく目撃されるもっともポピュラーな怪現象です。

人形が勝手に動くというポルターガイスト

今回の話題は、アメリカのオハイオ州に住む、チャドガスサートの話で、彼は部屋においてある人形がかつて動いているのを何度も目撃していると主張。今回はその証拠を捉えようと、カメラを設置し、動く人形を撮影したということです。

人形は自らの意思で動くということで、なんと床に倒れるまで動い続けるということです。そんな事があるのでしょうか。

ということで実際の映像があるということでご覧ください。

この映像を見た人は、これは完全に悪魔だ、燃やす必要がある!十字架を置くべきだ!など、恐れをなしているということです。

一体どのような原理で人形が動くというのか、謎ではあるのですが、やはり海外ではかつてから人形が動くという怪現象はよく耳にします。

こちらの映像でも撮影されているポルターガイスト

そんな事があるはずもないのですが、実際このようにして映像で見てみると、やはり人形は怖いものです。

Source:MirrorUK