日航機墜落事故から34年、さんまが奇跡的に命拾いしていた過去が話題に!

8月12日は単独機で世界史上最悪の死者数を出す航空事故を起こした「日航機墜落事故」であり、乗客乗員524名のうち520名が死亡するという大惨事でした。歌手の坂本九さんが搭乗していたとうこともあり、彼の命日でもあります。事故から34年が経ちましたが、風化させてはいけない事故として今回は、運命的に難を逃れた有名人として明石家さんまさんの逸話をご紹介していきたいと思います。

日航機墜落で難を逃れたさんま

1985年8月12日には、520名が死亡するという前代未聞の大事故「日航機墜落事故」が起こりました。

11日には日航機が墜落した付近の群馬・上野村、神流川で遺族らによる灯籠流しが行われ、12日には朝から御巣鷹山に慰霊登山が行われています。

そんな中、本来当日航機に搭乗予定だった明石家さんまさんの運命を分けた逸話が話題となっています。

いつも通りのJAL123便を利用する予定だった。ところが、『オレたちひょうきん族』(フジテレビ系)のレギュラー収録が早めに終了。いつもより1便繰り上げ、全日空に振り替えた。そして、乗る予定だったJAL123便が墜落。さんまは、間一髪のところで命拾いをしたというわけだ。

引用 https://npn.co.jp/article/detail/14487335/

明石家さんまさんの座右の銘は「生きてるだけで丸儲け」と言われていますが、この事故から難を逃れたことに由来するのだとか。

そして、一人娘の「IMARU」はこの座右の銘を短縮して付けられたと言います。

今のお笑い界があるのは、もしかしたらの難を奇跡的に回避したことに何かしらの運命があったのかもしれません。

日航機墜落事故を風化させることなく後世に伝えてなければならないと感じると共に、被害者の方々のご冥福をお祈りします。