「なか卯」enjoyセット、プラス240円で圧倒的にお得になるというので頼んでみた

なか卯

image:秒刊SUNDAY

なか卯といえば、数々の「丼ぶり」や「うどん」で独自の存在感を示している外食チェーン。親子丼や角煮丼をはじめ、京風うどんなども人気になっています。そんな「なか卯」に「enjoyセット」という、240円のセットがあるのをご存知でしょうか。メイン商品に240円足すだけで大満足出来るというenjoyセット、実際に頼んでみることにしました。

「なか卯」enjoyセット、頼まないと損ですよ

なか卯のenjoy(エンジョイ)セットとは、通常メニューに税込240円をプラスすることで「おもちゃ」が貰えるセットのこと。現在は人気キャラ「コウペンちゃん」の立体マグネットが貰えるのですが……もちろんこれだけではございません。実際に持ち帰ってみて、お得度を確認してみましょう!

参考:なか卯「enjoyセット」

なか卯で「enjoyセット」を購入してきました

「なか卯好き」を公言していた歌手・声優の水樹奈々さんを、イメージキャラクターとして起用されていたなか卯。筆者も水樹奈々さんがCMをされていると、無性になか卯に行きたくなるんですよね。(現在はキャンペーン中ではありません、残念!)

image:秒刊SUNDAY

あまり大々的に「enjoyセット」を推してはいないようですが、店内には大きなポスターがありました。

image:秒刊SUNDAY

メインのメニュー1つに対し、税込240円を追加することで「enjoyセット」にすることが可能。そのenjoyセットの中身がお得すぎるんですよ……。

「enjoyセット」はこんなにお得!

無事に持ち帰ってきたので、中身を確認してみましょう。

(全て税込価格)
・和風牛丼 430円(任意で選べます・卵別売)

【enjoyセット】240円
・こだわり卵のプリン(通常価格120円)
・竜田あげ3個(通常価格120円)
・コウペンちゃんマグネット(非売品)

おわかりでしょうか、通常商品に加え税込240円の「enjoyセット」を購入するだけで「おもちゃ(現在はコウペンちゃんマグネット)」が貰えるのです!これ、セットにしない理由がありませんよね!

image:秒刊SUNDAY

ただし、せっかくセットにしても美味しくなければ意味がありません。ここは竜田あげとプリンがお値段以上なのか、食べて確認してみましょう。

image:秒刊SUNDAY

カラっと揚がった竜田あげ。お値段は安いのですが、大きさは一般的な「からあげ」と同じくらいありました。ジューシー且つ肉厚で、かなりのクオリティ。これはセット関係なく、ご飯のおかずとして食べたいレベル。

image:秒刊SUNDAY

そしてこだわり卵のプリンが、予想を遥かに超えるおいしさ。一見すると懐かしの固めプリンなのですが、口に入れるとトロットロの現代風プリン。絶妙な固さと卵の旨味、甘さも程よく最高に美味しいプリンでした!ヤバすぎるだろ、これ……。

image:秒刊SUNDAY

そして密かにめちゃくちゃウマい「なか卯」の牛丼。タレが染み込んだ厚めの牛肉がたっぷりと乗った牛丼は、他の牛丼チェーン店に勝るとも劣らない味。普段他店で食べている方にも、一度は味わって欲しい激ウマ牛丼でした。

image:秒刊SUNDAY

「コウペンちゃんマグネット」がかわいすぎる!

さて本日のメイン、コウペンちゃんマグネット。ブラインドパッケージになっているので選ぶことは出来ませんが、5種類の中から出たのは「いちごミルク」を飲んでピンクになったコウペンちゃん。なか卯ロゴの丼ぶりを持つ姿は、きゅんきゅんするほどカワイイですね。

image:秒刊SUNDAY

可動部などはありませんが、後ろにはマグネットが付いています。

image:秒刊SUNDAY

冷蔵庫など、マグネットが張り付く場所に貼り付けておくことも可能。カシャポンで購入すればおそらく300円商品のクオリティなので、これが実質無料で付いてくるのは本当にお得なんです。

image:秒刊SUNDAY

プリンと竜田あげは、そもそも通常価格の税込120円が安すぎます!それにクオリティが高いコウペンちゃんグッズが付いてくるということであれば、これはもう買わない理由がありません。

今回購入した牛丼以外にも、おなじみの「親子丼」や「はいからうどん」とセットにすることも可能なので、お好きな組み合わせを見つけてみてはいかがでしょうか。

「なか卯」は「すき家」と同じゼンショーグループのチェーン店なのですが、今回食べてみてすき家の牛丼とは味が大きく違うことがわかりました。正直、牛丼を売りにしているすき家より、なか卯の牛丼の方が好みかも……。

source:丼ぶりと京風うどんの「なか卯」

画像掲載元:SS.ナオキ