ゴルフの宮里藍(34)引退した現在、ついにアレを初体験してしまう

現在のゴルフ人気を牽引してきた一人でもある、元女子プロゴルファーの宮里藍さん。藍ちゃんの愛称で親しまれ、お兄さんの宮里聖志さん、宮里優作さんと共に宮里三兄妹とも呼ばれていました。2017年に現役を引退したときはファンならずとも注目がされましたが、引退後の現在、とあるお仕事を初体験したようです。一体何を初体験したのでしょうか。

引退後の宮里藍

プロゴルファーを引退した後も、ゴルフ関係の仕事に従事して後輩達の育成にも力を入れている様子が伺えます。

もしかしたら、宮里藍さんに教わった生徒の中から将来のオリンピック選手が出てくるのかもしれないと思うと、ちょっぴりワクワクしてしまいますね。

そんな後輩達の育成にも力を入れている宮里藍さんですが、なんと人生初体験のお仕事をしたことが報道されました。

一体どのようなお仕事を初体験したのかというと・・・

宮里藍が人生初のナレーション

2017年に現役を引退し、活動の幅を広げている宮里藍さんが「人生初」のナレーションに挑戦した。昨年9月に第1回が開催された「宮里藍インビテーショナル supported by SUNTORY」の模様を伝える番組の放送が決まり、自ら声を吹き込んだ。

引用 https://news.golfdigest.co.jp/news/jlpga/article/116836/1/

2月29日午後6時~7時、CSテレ朝チャンネル2で放送される「第1回宮里藍インビテーショナル supported by SUNTORY ~私が伝えたかったモノ~」で、人生初めてのナレーションに挑戦したことがGDOニュースによって報じられました。

各種イベントにも参加してゴルフの楽しみを伝えている宮里藍さん。

若い頃から注目を浴び続けていた彼女だからこそ、心伝わるナレーションになるのではないでしょうか。

東京オリンピックのゴルフ日本代表に一体誰が選ばれるのかも気になりますが、

12年前のオリンピックで世間を沸かせたあのイケメン女子選手の現在の姿がヤバいと話題になりました。