ぽっちゃり個性派女優の富田望生(19)昔の姿がとんでもないことになっていたと話題に

「3年A組-今から皆さんは、人質です-」「ブスの瞳に恋してる」などで注目を浴びた個性派女優の富田望生さん。ポッチャリ系の愛されキャラとして人気が急上昇しています。人気漫画の「私がモテてどうすんだ」の実写版映画が公開されることが発表されましたが、主要キャストで出演するほどどなっています。そんな富田望生さんですが、昔の姿がかなりヤバいとネット上で話題となっているのです。

私がモテてどうすんだのヒロインに抜擢!

ヲタク女子が劇的変貌を遂げて、スーパーイケメンに恋されてしまう人気コミック「私がモテてどうすんだ」の実写映画化のキャストが発表されました。

激ヤセ前と後のヒロイン・花依を2人1役で担うのは、E-girlsのメンバーとして活躍する山口と、若手演技派女優として数多くの作品に出演してきた富田。

引用 https://www.cinematoday.jp/news/N0113373

富田望生さんというと、個性派女優として注目を浴びている愛されキャラ。

ポッチャリとした印象がかわいらしいですが、実は昔の富田望生さんの姿が今とは全く違って誰だか分からないほどと話題となっています。

それでは、昔の富田望生さんの姿をご覧頂きたいと思います!

昔の富田望生がヤバい!

めっちゃかわいい~!

女優として生きるために、14歳の時になんと2ヵ月で15㎏も太ったそうです。

そして、太り続けるために食べる努力をしているようで、富田望生さんの女優魂を感じますね。

今のキャラクターもすごく可愛いですが、昔の痩せていた姿もまた魅力的です!

「昔めっちゃ美人!」「今も昔も可愛い!」「富田望生と一緒にカラオケ行きたい」とネット上にコメントが寄せられていました。

実写化映画で注目を浴びた富田望生さんですが、こちらの個性派俳優さんのクオリティの高さもヤバすぎると話題となりました。