桐谷美玲(29)旦那の三浦翔平に絶対知られたくないヤバすぎる黒歴史が明らかになる

日本のみならず、アジアの中でも美しい顔の女性として有名な女優の桐谷美玲さん。俳優の三浦翔平さんと結婚をしたときは、絶世の美男美女カップルとして話題になりました。多くのドラマや映画、そしてCMに出演しており女優として第一線で活躍していますが、実は本人も「黒歴史」といっている触れられたくない過去が存在するというのです。

桐谷美玲の封印したい過去とは

View this post on Instagram

zukanオフショット😉 #zukan #1213発売

A post shared by 桐谷美玲 (@mirei_kiritani_) on

デビューから現在まで、華々しい女優人生を歩んできていると思われた桐谷美玲さんですが、実は本人も触れられたくない黒歴史があると言うのです。

一体その黒歴史とは何なのでしょうか・・・?

香取慎吾が桐谷美玲の黒歴史を暴露!

香取慎吾が月9ドラマ「好きな人がいること」で桐谷ふんするヒロインの格好で登場し、「(曲は)桐谷さんが2011年に発売したシングルです」と説明すると、桐谷は「あ、ちょっと待って!」と顔を手で覆いながら大慌て。

引用 https://www.cinematoday.jp/news/N0085192

ビストロSMAPに桐谷美玲さんがドラマの出演者と一緒にゲスト手登場したときに、香取慎吾さんが桐谷美玲さんの歌手デビューの過去を暴露し、桐谷美玲さんが赤面すると言う場面があったのです。

本人も後に「曲は黒歴史です。」とコメントを寄せたことで、歌手デビューが桐谷美玲さんにとって黒歴史であったことが伺えます。

それでは、その黒歴史であるデビューシングル「Sweet & Bitter」に収録されている「サヨナラまでのあいだ」がYouTubeにアップされていたのでお聞き頂きたいと思います!

サヨナラまでのあいだ

「うまいじゃーん!声が可愛い」「唄ったあとが更に可愛い」「美玲ちゃん歌ってたんだね!知らんかった」「いい歌ー、上手」とネット上でコメントも。

こんなに上手で可愛い歌声なので、黒歴史認定しまうには惜しいのではないでしょうか。

歌手デビューよりも、こっちの方がよっぽど黒歴史っぽいですが・・・。