金ロー「名探偵コナン時計じかけの摩天楼」白鳥警部は容疑者だったことが発覚

image:秒刊SUNDAY

「見た目は子供、頭脳は大人、その名は名探偵コナン!」でおなじみの名探偵コナン。コミック、テレビアニメ、映画とその人気は留まるところを知りません。今回、日本テレビ系「金曜ロードSHOW!」において、「名探偵コナン時計じかけの摩天楼」が2月5日(金)21時より放送されます。この作品では、なんと、白鳥警部が容疑者だったことはご存じでしたでしょうか?

名探偵コナン時計じかけの摩天楼とは

『名探偵コナン 時計じかけの摩天楼』とは、劇場版シリーズ第1作目になります。工藤新一と毛利蘭の恋愛ストーリーや、謎解き要素を多く入れこみ、伏線を多く作り、問題解決していくなどのストーリーです。現在の名探偵コナン作り上げている要素が多く作られている作品に仕上がっている。また、爆弾による爆発シーンなども、今後作品に使われているシーンが多いです。

白鳥警部とは

image:秒刊SUNDAY

白鳥警部とは国家公務員1種試験をパスしたキャリア組のエリートで警視庁捜査一課の警部(この作品では刑事)。

冷静沈着な対応能力をコツコツと実績を積み上げていく性格で、上級官僚のならではの性格設定となっています。
感情面も周りの飲まれることなく、自分の決めたことを、冷静に見極めて行動します。

ただし、恋愛については、なかなかうまくいかず、佐藤刑事に思いはあるものの勇気が、だせない、そんなキャラクターです。

白鳥警部が容疑者である理由(今作CV塩沢兼人)

そんな白鳥警部が、今回容疑者である理由として、探偵の毛利小五郎の推理によるところが大きいです。
また、今作品で白鳥警部役の声優である塩沢兼人さんの怪しげなセリフなどが、容疑者ではないだろうかという状況を作ったと筆者は思います。
名声優あっての名キャラクターができるのだと筆者は思います。それでは、本編をお楽しみください。