おそらく貴方が知らないマクドナルドの10のトリビア

マクドナルドは毎日利用しても飽きないぐらい謎の魅力を放っている世界的に有名な外食チェーンです。一体どのようにしてここまで人を引きつけるのか、色々と疑問はわいてくるわけですが、こうした背景には何かしら秘密があるに違いありません。という事で今回はそんなマクドナルドに関するトリビア10個を紹介したいと思います。

マクドナルドにおける10のトリビア

という事で今回は毎度おなじみ、海外メディア「DailyMail」に掲載されております。マクドナルドに関するトリビアを紹介します。これは知らなかった、本当なのか・・・等色々疑問は湧いてくるわけですが、何かしらの話のネタに使えるのではないかと思われます。

1.イングランドの「ラトランド」という都市にはマクドナルドが一つもない。

→ストリートビューをみると建設中のマクドナルドが見受けられますので、そのうち出来る予定。

2.世界には36,000を超えるマクドナルドの店舗があり、毎週どこかがオープンしている。

3. テキサス州では一人当たりのマクドナルドの割合が世界で最も高く、大人3人に1人の割合

4.ドナルド・トランプは、マクドナルドの支店をホワイトハウスに開設する計画をたてている。

→金箔の机と金箔の椅子だそう。

5.マクドナルドは、顧客にさまざまな新しい料理を提供することに大きな誇りを持っている。

→ダブルイワシチーズバーガー(1967)、マスクイッドサンドイッチ(1973)、フィレオオッファル(1982)、エッグマッブロッコリー(1998)、スパイシーマコックスコム(2007)

6.マクドナルドの従業員はひげはNG

7.あの有名なロゴ(ゴールデンアーチ)は「m」じゃない。

コチラ1955年にイリノイ州シカゴにオープンしたマクドナルド第一号店。
2つの半円が遠くから見ると「m」に見えるのがそのうち「m」となっていったという説が有力。

8.マクドナルドは、国によって味付けを変えている。

9. ドライブスルーならぬ、マウススルーという客の口にバーガーを直接渡す奇妙な実験があるらしい。

10.てりやきマックバーガーの肉は牛肉じゃない

→豚肉です。(宗教上の問題がある方は注意)

ということで、これらトリビア(1〜9)はあくまでDailyMailの記事によるもので、信じるか信じないかはあなた次第でございます。

※10番はオフィシャルサイトに掲載されております。

以前マクドナルドの原価が流出したと話題になりましたが

マクドナルドの話題は世界中で大きな話題になりやすいものです。

掲載元
https://www.dailymail.co.uk/debate/article-7867113/CRAIG-BROWN-thirteen-things-didnt-know-Big-Macs.html