岩崎容疑者の自宅から「テレビとゲーム機」報道!恣意的過ぎると話題に

川崎殺傷事件は世の中に衝撃を与えましたが、犯人が自殺という最悪の結末を迎え、結局誰が悪かったのか、元々の根本的な問題は何であるのかは、全く見えない状況となってしまい、なんとも気持ちの悪い展開となっております。そんななか、更に気持ちの悪い問題が起きております。今回の容疑者「岩崎容疑者」の自宅からとんでもないものが出てきたということです。

岩崎容疑者の自宅からテレビやゲーム機

さて現在報じられているのは岩崎容疑者の自宅から発見されたものです。報道によると「岩崎容疑者の自宅から、テレビやゲーム機が発見された」ということです。

これだけを見ますと、岩崎容疑者が日常的に「テレビやゲーム機」に没頭していたように感じるわけですが、今回の家宅捜索で発見されたものは実際にはそれ以外の「ノート等」も発見されております。

さらに「テレビやゲーム機」=「テレビゲーム」とリードミスを起こしやすく、普段テレビゲームをしない視聴者は「テレビゲーム」が今回の事件を発生させたのではないか、と勝手に思い込みやすくなってしまう恐れもあります。

ネットでは「マスコミがテレビゲームのせいにしたがっている」「恣意的過ぎる」と、この報道に怒りを顕にしているようです。

https://twitter.com/p_shou_thu/status/1134228226761355264

確かにそれ以外に何か特殊なものが出てきたわけではなく、テレビ・ゲーム機がある家庭は今やどこにでもあるので、考えようによっては一般的な家庭であるとも思えます。ですので、今更そのようないわば「あたりまえ」のような報道をしたところで、世論の感情を揺さぶる事ができるのかどうかは疑問です。

ただし、テレビに関してはほぼ9割の家庭が持っている家電です。そうなると「テレビ」を持っている家庭は「テレビがヤバイ」と感じるのではなく「自分は大丈夫」という正常性バイアスが働くので必然的に「テレビゲーム」の方に矛先を向ける恐れもあります。

「若者の残忍な事件はネット・ゲームの影響!」報道が波紋を呼びましたが

果たしてこの報道の意図するものはいったい何であるのか。

画像掲載元:写真AC

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。