広告マグネットをオシャレなオリジナルマグネットにリメイクする方法! | 秒刊SUNDAY  

広告マグネットをオシャレなオリジナルマグネットにリメイクする方法!

「広告マグネット」をご存知でしょうか。よく広告として新聞に入ってくるマグネットです。広告とはいえマグネットとしての利用価値があるため、ついつい冷蔵庫に貼ってしまってはいませんか。マグネットは嬉しいのですが、折角ならば広告よりも自分の好きな絵や写真がついている方が楽しくなりませんか。今回は広告マグネットをオリジナルなマグネットにリメイクする方法をご紹介しましょう。

準備するものは...。

準備するものは、広告マグネット、両面テープ、お気に入りの絵や写真です。今回は、写真の右側に移っている3枚のカードをマグネットにします。あらかじめマグネットのサイズに合わせてお気に入りの絵と写真をプリンタで印刷しました。

時折長方形ではないマグネットもありますが、多くは長方形の形をしています。広告はいらないという方は、このマグネットを水につけておくことより印刷されている広告を取り除くことができます。上の写真の中にある黒っぽいマグネットは、広告を取り除いたものです。しかし、マグネットがむき出しになっているのは何となく味気ないものです。これを含めて、広告マグネットをリメイクしてみましょう。

広告が印刷されている面に両面テープを貼ります。

広告部分はそのままで両面テープを全面に貼ります。広告部分が気になるという方は、水につけて取り除いたり、はがしたりしてもかまいません。両面テープを貼り終えたら、マグネットからはみ出た部分は切り取って下さい。

両面テープを貼り終えたら...。

粘着部分を残して紙をはがします。

マグネットに、お気に入りの絵と写真を貼りました。

広告マグネットはどれも同じサイズのように見えますが、全く同じというわけではありません。絵や写真のサイズに合わせて、余計な部分は切り取ります。

リメイクするマグネットのサイズはご自分で決めることができます。

今回リメイクしたマグネットは写真のようなサイズにしました。正方形のマグネットは、1辺が3㎝です。長方形のマグネットは、元のマグネットを二等分しています。作業にはカッター、カッターマット、定規、ハサミを使用しました。

リメイクしたマグネットを冷蔵庫に貼ってみました。

今までは広告マグネットに限らず既製品のマグネットを使っていましが、お気に入りの絵や写真で出来たマグネットが目の前にあると、冷蔵庫の近くに行くのが楽しくなりそうです。

広告マグネットをカットしないで、写真や絵などを大きなサイズで楽しむというのも良いのではないでしょうか。広告でしかなかったマグネットをリメイクできるなんて、嬉しいライフハックですね。

日常生活の中には、試してみたくなるライフハックがたくさんあります。普段は熱いお茶が好きという方も、暑い日には冷たいお茶も良いものです。知らないと損をする→免疫力を上げるお茶の入れ方ハック! 渋みの少ないお茶が出来上がります。