ヤバ過ぎ!職場のマグカップ「糞便」レベルの細菌が繁殖していることが判明!

職場で給湯室なんか小洒落た場所がある会社はあるのかもしれませんが、そこに置かれているであろう、共有のマグカップはまた小洒落たものが置かれているのかと思います。しかし、そんなマグカップにはとんでもないヤバい物が付着している恐れもあるということです。今回はそんな現実を紹介したいと思います。

職場のマグカップ、5つに1つは「糞便レベル」

衝撃的な結果が話題となっております。

職場に置いてある共有マグカップのうち、5つに1つは「糞便レベル」の細菌が繁殖しているという結果が、イギリスの仕事探しサイト「TotalJobs」の調査で明らかになりました。

これは職場でトイレに行ったあと、約25%の人が手を洗わないという現状が発覚。衛生学博士リサ・アッカリー博士いわく、手を洗っていない状態でマグカップを触り一晩中放置すると、とんでもない量のバクテリアが繁殖。その繁殖したバクテリア付きのマグカップを共有しているのであれば、今すぐやめてほしいとのこと。

マグカップでなくとも、連なった紙コップなんかは職場だけでなく、色々な場所で見かけますね。

更にマグカップだけでなく、事務机などにも便座よりも最大400倍のバクテリアが潜んでおり、その机でご飯を食べる人は要注意とのことです。

またペンや爪を噛む癖がある人も要注意とのこと。

できるだけ、共有のマグカップを使わず、机の上は抗菌ワイパーなどで拭きあげることが大事のようです。

鼻くそを食べるとヤバいことになると話題になりましたが

とにかく、共有のマグカップ・紙コップには要注意です。

掲載元
https://www.mirror.co.uk/news/weird-news/1-5-office-mugs-contain-14162787

画像掲載元:写真AC

1 Comment

無名

文法めちゃくちゃ&誤字で読む気失せました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。