フィギュアスケートを引退した町田樹(30)現在がとんでもない事態に

ソチオリンピックに出場し、日本のフィギュアスケート人気を牽引してきた一人である町田樹さん。「氷上の哲学者」の異名を持ち、現役引退後はプロフィギュアスケーターとして活躍していましたが、2018年10月6日にはプロスケーターも引退し完全に氷上から姿を消してしまいました。そんな町田樹さんですが、現在の肩書きがとんでもない事になっていたのでご紹介していきたいと思います。

フィギュアスケーターを引退した町田樹

氷上の哲学者としての異名を持ち、女性から絶大な支持を得ていた元フィギュアスケーターの町田樹さん。リンクの上で突然の引退宣言を聞いた時には、涙したファンも多かったのではないでしょうか。

パフォーマーとは別の形で、フィギュアスケート界の発展に寄与するべく学問の道で精進を重ねていく事を明らかにしましたが、現在の町田樹さんの肩書きがとんでもない事になっていることが明らかになったのです。

一体どのような仕事に就いているのかというと・・・。

國學院大学の助教に

2018年から慶應義塾大学環境情報学部、法政大学スポーツ健康学部の非常勤講師として働いていましたが、2020年10月からは國學院大學人間開発学部 健康体育学科 助教に就任することが明らかとなりました。

毎日新聞のYouTubeチャンネルでは町田樹さんのインタビュー動画が公開されており、今後についても語っていました。

早稲田大学大学院に入学した頃から研究者を目指す、大学教員として研究活動を継続させていく事が夢、目標だったと言う事が語られ、その入り口に立てた事に幸せと喜びを感じていることが伝えられました。

また、今後フィギュアスケートとの関わりについては、今具体的にプランがあるわけでは無いという前置きをした上で、フィギュアスケート界という世界を客観視できるような第三者の研究者の立場からフィギュアスケート界というものを支えていけるような人材になりたいと考えていることを明らかにしました。

このインタビューに対して、「これから町田さんの研究がより価値を持つ様になると確信しています。」「これからも変わらずずっと応援しています。」「突き抜けてて好き」と、コメントが寄せられています。

町田樹さんと共に2014年のソチオリンピックに出場し、フィギュアスケートを引退した高橋成美さんの現在も衝撃的と話題になりました。

町田樹プロフィール

生年月日 1990年3月9日
スケート開始 1993年(3歳)
競技者引退年月日 2014年12月28日(24歳)
プロスケーター引退年月日 2018年10月6日(28歳)

source: 町田樹オフィシャルウェブサイト