小室夫妻、結婚指輪がさっそく特定される事態に

10月26日、小室圭さんと小室眞子さんが結婚会見を開きました。異例づくめの結婚となったことで、今回の会見は国内外で大きな注目を浴びたのです。会見の内容と共に注目されたのが、お二人の左手薬指にはめられた結婚指輪です。いったいどこのブランドなのか、いつ購入したのかなど話題となっており、さっそく特定班が動く事態となったのです。

小室眞子さん、小室圭さんの結婚指輪に注目が集まる

26日午後2時ごろ、秋篠宮家の長女である小室眞子さんと、小室圭さんの結婚会見が行われました。

左手薬指にはめられた結婚指輪にも注目が集まり、「結婚指輪キレイだったね。」「左手には結婚指輪も見えてたし、会見もしっかりしていて偉いと思った。」「素敵な指輪。」と、ネット上にコメントが寄せられていました。

太く、目立つ指輪だったことから、「ゴツいですね。」「デカイ指輪。」「どこのブランドですか?」との声も見られました。

一体どこのブランドなのか、そして結婚指輪はいつ購入したのかについて、さっそく特定班が動き出したのです。

結婚指輪、特定作業始まる

お二人が結婚会見で付けていた指輪のブランドは、ティファニーやカルティエ、ミキモトではないかと噂されています。

指輪のブランドを公表していないことから、憶測の域は出ませんが、マルコムベッツではないかという声も見られました。

また、結婚会見で付けていたペアリングは最近購入したものではなく、25歳の時に週刊誌に写真を取られた際、お二人がペアでしていた指輪ではないかと話題になっているのです。

「交際中からのペアリングか、素敵だね。」「眞子さまの指輪、ずっと前からつけてるやつだね。」「婚約前からのペアリングだったのか。」とコメントも。

交際中からつけていたペアリングを、結婚会見でも付けていたのではないかと憶測を呼んでいます。

小室圭さんのお母さんである小室佳代さんの金銭問題の刑事告発など、気になることも多いと思いますが、お二人には幸せになってもらいたいと感じている国民も多いのではないでしょうか。