あの大物ミュージシャン、再開したディズニーでの楽しみ方が異次元すぎて理解不能に

image:秒刊SUNDAY

7月1日から遂に東京ディズニーランド&東京ディズニーシーが再開され、Dオタさん達が歓喜する事態となりました。芸能人でもディズニーファンが多く、チケットを獲得してパークを楽しんでいる様子をSNSで報告する方もいます。ディズニー好きで知られているホフディランの小宮山雄飛(こみやまゆうひ)さんも、チケット争奪戦に打ち勝ちディズニーを満喫したことをTwitterとインスタで報告しましたが、楽しみ方が異次元過ぎてヤバく、理解不能な状態に陥ってしまっているのです。

お一人さまディズニーの達人、ホフディランの小宮山雄飛

90年代後半に人気となった、渡辺慎さんと小宮山雄飛さんからなる二人組ミュージシャンのホフディラン。

キーボード&ヴォーカルの小宮山雄飛さんは、最近ではミュージシャンよりもお一人さまディズニーの達人としてDオタさん達から注目される存在となっています。

ディズニーの醍醐味と言ったらアトラクションにショーやパレード、キャラクター達とのグリーティングが挙げられますが、小宮山さんの楽しみ方は一味違う!朝一にアトラクションへと急ぐゲストを横目に優雅に朝食をとったり、見知らぬ人に手を振るなど、孤独を楽しむ方法でディズニーを満喫しているのです。

そんな小宮山さんも、再開後のディズニーランドを訪れる事ができ、感無量の様子をTwitterで報告しました。

そして、先ほど挙げた孤独を楽しむお一人さまディズニーですが更に異次元過ぎる楽しみ方を満喫してしまい、もはや理解不能の状況に陥ってしまっているのです。

どのような楽しみ方をしているのかというと・・・。

ディズニーの境界線に萌える

ディズニーランドはエリアごとに境界線が色分けされており、その境界線を股にかけることに萌えを感じているのです。

左の写真はファンタジーランドとニューファンタジーランドの境界線に立ち、新旧ファンタジーランドエリアに萌えている様子が伺え、右の写真はその2エリアにトゥモローランドを加えた3エリアをまたいだ写真にご満悦の様子が伺えます。

異次元過ぎる楽しみ方をしている小宮山さんですが、ディズニーの楽しみは無限大!ということで、このような楽しみ方も十分アリでしょう。

ディズニーが再開されましたが、TDLからの安全のお願い動画がYouTubeから配信されており、それを見ただけでも涙腺崩壊と話題になりました。

小宮山雄飛プロフィール

ヴォーカル・キーボード
渋谷区観光大使兼クリエイティブアンバサダー
テレビ、 ラジオ番組の出演、コラム連載などを多数こなす。

source:ホフディラン公式サイト