嵐電の宙吊り広告がどうみても「新手のスタンド能力!」と話題に | 秒刊SUNDAY  

嵐電の宙吊り広告がどうみても「新手のスタンド能力!」と話題に

色んな広告は数あれど、これが並んでたら一番怖いかも。嵐電の仁和寺特別公開ラッピングの千手観音の手が凄いことになってます。一番初めに思い浮かんだのはネテロ会長の「百式観音」でしたが、この迫りくる感はどちらかというとSBRのポークハイハット小僧(上から来てるからってだけだけど)やジョジョ4部の振り向いてはいけない小道を思い起こさせる怖さがあります。

非常に荘厳なラッピング!きれいな外装と裏腹に、宙づり広告はやはり怖い。

内装にも色んな工夫が施されている

こうしてみると宙づり広告も綺麗に思えてきました。色の問題かな?壁もなんだかありがたい雰囲気...!

Twitterの反応

やはりコレを想起している方はいた模様。冒頭でも言及したジョジョ4部、振り向いてはいけない小道の無数の手。

こんなにもありがたいものですが、そのように見えてしまうのが悔しい...!田舎のばあちゃんちとかによくある黄色いあれね。

電車のラッピングでいえば、以前に色が似ているという理由でファミマとコラボしていたいい意味でイカれた電車もありましたが

こちらの特別公開ラッピング、11月24日までの期間限定運行となっているそうです。実物を見たら、きっと感想も180度変わるかも!

画像掲載元:写真AC