「胡」は何と読む?読めたら天才!意外な読み方をする漢字1文字の超難読漢字5選

image:秒刊SUNDAY

漢字は10万字以上あるといわれています。それほどの漢字があれば日常生活で使わなかったり、初めてみる漢字もあることでしょう。漢字マニアの方でさえ、全てを網羅するのは難しいかもしれません。そんな漢字ですが、今回は漢字1文字の難読漢字をクイズ形式で出題いたします。例えば「英(はなぶさ)」「階(きざはし)」などです。読めたらすごい!厳選した5問を、全問正解を目指して楽しみながらチャレンジしてくださいね。

【1】胡

「胡」は何と読む?

【ヒント】で〇〇〇。「で」から始まる4文字の言葉。胡の意味は、いいかげんなこと。

答え:胡→でたらめ・えびす

送り仮名を変えると、胡んぞ(いずくんぞ)、胡き(ながいき)、胡ぞ(なんぞ)、胡り(みだり)と読みますよ。また、胡(でたらめ)の別漢字は、出鱈目。

その他「胡」が付く漢字はあまり馴染みがないかもしれませんが、「胡麻(ごま)」や「胡桃」、また、中国の伝統的な弦楽器の「二胡(にこ)」などもあります。

【2】抑

image:秒刊SUNDAY

「抑」は何と読む?

【ヒント】抑は「しかしながら」「けれども」「とはいえ」「さて」「いったい」などと話題を転換する意味を持ちます。

答え:抑→そもそも

また送り仮名を変えると、普段使用頻度の高い、抑える(おさえる)・抑ぐ(ふさぐ)と読みます。

【3】虱

image:秒刊SUNDAY

「虱」は何と読む?風という漢字に似ていますね。

【ヒント】虱は、人から嫌われるあの昆虫です。人や動物に寄生して血を吸う昆虫のひとつ。

答え:虱→しらみ

また、虱(しらみ)の別漢字は「蝨」もあります。似通った昆虫にノミもいますが、漢字では「蚤」、ダニは「壁蝨・蜱・蟎」と書きますよ。

【4】弥

image:秒刊SUNDAY

「弥」は何と読む?

【ヒント】弥にはついに・とうとうといった意味があります。そのことを表す言葉といえば?

答え:弥→いよいよ

送り仮名を変えると、弥し(あまねし)・弥(いや)・弥う(つくろう)・弥しい(ひさしい)・弥る(わたる)と読みます。
別漢字では「愈愈(愈々)」・「弥弥(弥々)」もありますよ。

【5】歯

image:秒刊SUNDAY

「歯」は何と読む?今回は「は」・「し」以外の読み方です。

【ヒント】よ〇〇。「よ」から始まる3文字の言葉

答え:歯→よわい

歯の意味は、強い弱いのよわいではなく、生物が生きてこの世を過ごしてゆく間・年齢・としなどをさします。また、「齢」という字もよわいと読みますよ。

歯する(よわいする)の語源は、下記の通り……。

仲間に加わる意の「歯(し)す」の歯の字の訓読みから、仲間に加わること・仲間として連なること。→よわいするという。

引用:コトバンク

今回は漢字1文字の超難読漢字を出題しましたが、何問か正解できましたか?漢字一文字の難読漢字は意外と多くあり、思わず頭を抱えてしまいます……。

「柵」←は何と読む?こちらも漢字1文字の超難問ばかりですよ。

Source:漢字辞典オンラインコトバンク