稲川淳二の衝撃的な真実が発覚・・・

皆様はご存じでしたでしょうか、日常的に使われているバーコードリーダーや新幹線の検札機デザインしたのが、怪談話でおなじみの稲川淳二さんだったことを、実は天才クリエイターがだったことを、そのことを日本では、あまり知られていないため、今回稲川淳二先生がいかにすごいのかを、深堀しながら、徹底的に解説していきます。

本業はクリエイター

稲川淳二はクリエイター業界では有名人です。

日頃、買い物でよく利用するスーパーやコンビニなどで、よく目にする商品の裏側に貼られているバーコードを読み取る機械、バーコードリーダーのデザインしたのが彼である。

image: pixabay

今でこそ当たり前のように世間では利用されているが、独特なあの形を、想像することは大変難しいだろう。

この機械が誕生する前は、人間が当たり前のように現金の金額を覚えていて、買い物を行っていたのであるから驚きである。

image: pixabay

怪談話だけではない天才的な一面を見ることが出来ました。

怖い怖いという表現が表にでているが、筆者は彼の才能が怖い。

怖いといえばコロナも怖い。

Source:twitter