これは感動!平野ノラに小1からの手紙「電話の相手は誰」の回答が衝撃的過ぎる

平野ノラ

平野ノラといえば、バブリーなネタでブレイク。その後バブリーダンスで再度ブレイクという、ある意味短期間に2回ブレイクしている特殊な強運を持った芸人ではありますが、そんな彼女の持ちネタである「電話」。これ実は子どもたちにとって非常に謎のアイテムだったようです。

電話の相手は誰なのか

View this post on Instagram

無口!

A post shared by 平野ノラ (@noranoranora1988) on

平野ノラの鉄板ネタ「ショルダーホン」で電話。これはバブル世代を経験している方であればおなじみの光景ではありますが、そもそも電話相手は誰なのか。永遠の謎です。ただし、大人であれば、恋人やら、お友達と想像つくのですが、子どもたちにとって、この巨大な機械で連絡を取るという行為はかなり異質。

つまり、こんなでかい機械を使い連絡を取るということは相当特殊な相手ではないかというのが子供目線。スマホを使えばいいのに、この機械を使わなければ連絡を取れない。

つまり、とんでもない相手なんだな。
そう感じたようです。可愛いですね、子供。ということで、そんな疑問がやはり小学生から寄せられているようです。

ということでその答えを平野ノラさんが回答。

でんわのあいては石黒賢・マイケル富岡、柱谷兄弟、最近はサモ・ハン・キンポー。ということです。

なるほど。
わからん!

子どもたちにはその相手はわからない!やはり宇宙人的なにかであることには間違いない。そう思いつつ、我々世代と子供世代との距離がとてつもなく離れていることに実感せざるを得ないわけです。

平野ノラのファッションに驚くべき思惑があったことは以前話題になりましたが

来年はどのような戦略で我々を喜ばせるのでしょうか。