新潟県民大激怒必至なとんでもない誤植が話題に

新潟県は「東北」電力で、ガスは「北陸」、関東甲信越と「関東」に含まれることもあれば、実態は「中部」だとの意見もあり、新潟県民は普段から自分たちの住む地域ががどこの地方に属しているのかわからないという永遠のテーマを抱えており、ちょっとやそっとの事ではたじろがないと言われておりますが、流石にこの誤植は許されないのではと話題になっておりました。

場外ホームラン級の誤植

こちら、なんと「長野県新潟市東版」という存在しない地域のタウンページ。本当はどこを紹介したかったのか、中身を見ないとわかりませんが、恐らく長野県版を作った後にそのフォーマットを利用して新潟県版を作った際にこのミスに気付かなかったという流れではないかと投稿者さんは推測されていました。

twiiterの反応

「信越」とは、長野県と新潟県のそれぞれの昔の呼び名である「信濃国」と「越後国」を合わせている長野県と新潟県の総称。新潟県としては管轄を長野に置かれていて何となく面白くないのかと思いきや、特に気にしていない様子。

長野に飲み込まれ始めているのではと焦っているが、やはりそんなに怒っていない様子。

長野が中心の世界!と言われても善光寺もあるしいいか、と怒ってはいない様子。もしかして新潟の人ってとても気が長いのでは。

以前、大きな地震雲が出ていた時もあまり気にしていない御様子でしたし、実際に新潟県の人はそんな細かいことは気にしていないのでしょう。気が長い県民性って素晴らしい。

画像掲載元:写真AC