長年の謎、バミューダトライアングルの謎がついに解明した?と話題に

バミューダ・トライアングル

image:pixabay

この世には未だ解明されていない謎が多く存在します。UFOとはなにか、UMAは存在するのか、ミステリー・サークルの正体。まだまだ多くの謎が解明されておらず、ある意味胸をときめかせます。そんな中、こちらの謎も長年多くの議論が巻き起こっておりました。そうです、バミューダ・トライアングルです。この地域では多くの船が謎の事故にあっているのです。

バミューダ・トライアングルの謎とは

バミューダ・トライアングルとは、フロリダ半島の先端と、大西洋にあるプエルトリコ、バミューダ諸島を結んだ三角形の海域です。

古くより船や飛行機、乗務員が跡かたなく消える事故が多発するという恐ろしい地域。人間のなしえる技ではないので、エイリアンの仕業ではないかと恐れられているのです。

ただし最近の研究では、エイリアンやオカルトなどではなく、単純に交通量も多く操縦ミスや事故が多くなりやすい。一般的な問題であるというという認識が強い。

ただし、事故にあった乗り物や乗組員が発見されず、どこかに消えてしまったという状況については、やはり謎がのこるのです。

そんな中、今回新たな説が話題となっているのです。そして科学的な根拠もあるようです。

新しい説「メタンハイドレード」によるもの!?

メタンハイドレード

image:pixabay

新しい説は絶えず提唱されておりましたが、今回の説は科学的な根拠もあるようです。

バミューダ・トライアングルの深海では、メタンハイドレードによるメタンガスが大量に放出されていると考える人もいるようです。

そのガスが海上で泡立ち、結果的に船を鎮めるのではないかということです。またガスの噴煙などで司会が悪くなるため、何らかの航海トラブルも起きやすい。

この理論について、米国地質調査所の科学者はガスの噴出により、実際に船が沈む可能性があることを認めたということです。

確かに、航海に悪影響を与える自然現象が起きるということであれば、可能性としてはあるのかもしれませんね。

いずれにせよ、こんな恐ろしいい場所にわざわざ近づく必要性は無いかと思うので、ぜひとも旅行時には、バミューダ・トライアングルを避けていただきたいものです。

Source:デイリー・ミラー