ロックダウンで、日本のお便所が海外で大ヒット、PS5も驚愕

日本ではロックダウンという形は難しいのですが、海外では当たり前のように行われております。町が封鎖され、外に出られないというなんとも強制力の強い制度ですが、それほどまでしないと国民は出歩いてしまうという国民性上、致し方ないことなのかもしれません。そんななか、なんと日本のお便所が大人気になっているのだという。

日本のお便所とは・・・

さて、そんな中人気なのが、日本のお便所です。日本のお便所といえば、まず自動的に蓋があき、便座は温かい、そしてリモコンでウォシュレットの調整をし、お尻を気持ちよく洗い流すと言うシステムであります。

これが何故人気になるのか、どうやらそれはロックダウンと、コロナウイルスの影響によるもののようです。

まずロックダウンでトイレットペーパーが品薄になります。そうなると、トイレットペーパーを使わず、洗い流せるウォシュレットが効果的になる。うん、これはわかります。

また、コロナウイルスでは相手との接触が問題となるので、便座に極力触りたくない。そうなると自動的に蓋が開閉するシステムは非常にリスクを軽減できる。

確かに、手を一切触れずに蓋を開けられるのは衛生的にもキレイではあります。ということで日本のこのトイレが大人気ということで、今英国を始めジャパニーズトイレをネットで探す人が増加し、Googleの検索数でもかなり増えてきているという分析データーが有るようだ。

今後この日本生まれのこのトイレが全世界に普及していけば、我々国民としても何だか嬉しい気持ちになりますね。PS5のように品薄・転売にならないことを祈りたい。

Source:DailyStar