賢く再利用!「コーヒーかす」の意外な使い道3選! | 秒刊SUNDAY  

賢く再利用!「コーヒーかす」の意外な使い道3選!

あなたはコーヒーがお好きですか。コーヒー好きな人にとって淹れたてのコーヒーは格別なものですね。ところで、コーヒー好きのあなたは淹れた後のコーヒかすを捨ててしまってはいませんか。コーヒかすには脱臭効果があることがわかっています。そのような効果があるコーヒーかすを捨ててしまうのはとてももったいことです。今回はコーヒーかすの脱臭効果について調べてみました。

コーヒーかすの脱臭効果は、コーヒーかすに含まれる水分量で変わります。

コーヒーかすに水分が残っていてしっとり感がある場合、コーヒーかすにはにおい成分(アンモニア)のおよそ90%を吸収する効果があり、その効果は活性炭のおよそ5倍であることがわかっているそうです。

コーヒーかすが乾燥している場合、コーヒかすにはにおい成分(アンモニア)のおよそ40%を吸収する効果があり、この場合でもコーヒーかすの脱臭効果は活性炭のおよそ2倍であることがわかっているようです。

脱臭効果を活かしたコーヒーかすの活用方法をご紹介しましょう。

水分が残っているコーヒかすはトイレの消臭剤として活用できます。コーヒーかすを平たい容器に入れてそのままトイレに置くだけで良いのです。ただし、1日~2日を目安に交換することが必要です。

乾燥しているコーヒーかすは靴や下駄箱、冷蔵庫の脱臭剤として活用できます。乾燥したコーヒーかすを目の細かい布製の袋に入れて口を閉じてください。

※情報掲載元(UCC):https://www.ucc.co.jp/company/research/residue/index.html

コーヒーかすの意外な活用方法を3つご紹介しておきましょう。

1つ目 魚焼きグリルで魚を焼くときに活用

2つ目 虫よけや肥料として活用

3つ目 玄関掃除に活用

水分が残っているコーヒーかすを玄関に撒いて掃除をすると、玄関がきれいになるのと同時に、少しですがコーヒーの香りも残ります。

コーヒーかすの脱臭効果、無駄にしないで大いに活用したいものです。

身近なところにあるライフハックはコーヒかすの活用方法だけではありません。古着や古布を使うライフハックも覚えておきたいですね。賢く節約!古着古布を「お掃除アイテム」にして再活用するライフハック!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。