梅宮アンナ(47)の娘が韓国でとんでもないことしでかしたと話題に

梅宮辰夫さんの娘である2世タレントの梅宮アンナさん。羽賀研二さんとの交際やデキちゃった結婚、更には当時中日ドラゴンズの立浪和義さんと不倫愛と破局を告白するなどお騒がせタレントとして世間を賑わせています。一般男性との間に出来た娘さんですが、現在17歳となりましたが、韓国でとんでもない偉業を成し遂げたと話題になっています。

梅宮アンナの娘がとんでもないことに!

View this post on Instagram

Dinner 🍴 #halyamashitatokyo

A post shared by Anna Umemiya (@annaumemiya) on

梅宮アンナさんの娘さんももう17歳となり、若い頃の梅宮アンナさんそっくりの美人さんに成長しましたね!

こんなかわいい娘の百々果さんが、お隣韓国でとんでもないことを成し遂げたと話題となっているのです。

一体何をしたのでしょうか、それがこちら!

韓国のバレー大会でMVPに!

娘の応援のため、会場となった韓国・平沢(ピョンテク)市にある在韓米軍基地「ハンフリーズ基地」内の体育館を訪れていた梅宮。10日更新のブログで、娘の所属チームが優勝したことを報告し、「最終学年の最後にあたる今年、、最高の思い出となりました! teamの力を合わせた結果です。本当に、皆んながんばりました!」とたたえた。

引用 https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201911110000203.html

そして、百々果さんがMVPを獲得したことにも振れ、母親としての喜びを綴っています。

インスタにはファンから「素晴らしい!たくさん褒めてあげてください」「おめでとうございます!とっても凄い事ですよね」「一生懸命頑張る姿は親としては嬉しいです」「ももちゃん頑張りました!」とコメントが寄せられています。

大物芸能人の二世タレントというと、何かとお騒がせなイメージが強いですが、百々果さんをここまで強くした梅宮アンナさんのママとしての活躍はやはり素晴らしいと感じますね!