2043年生まれの未来人、第三次世界大戦が始まると警告!その発端は・・・

56
我々が最も恐れている問題、それは今後発生するのかもしれない大きな戦争です。かつて2度の世界大戦を経験している人間にとって3回めが起こらないとは言えません。しかしそれがいつ始まるのかは誰も知らず、明日始まる可能性もゼロではないのです。とうことで、今回未来人がその始まる次期を予告しています。


ー第三次世界大戦が始まる時期は
13
さて、今回は2043年生まれの未来人による証言です。この未来人の予言ビデオを放送したのは、最近タイムトラベラー番組を頻繁にネットに流しているご存知「ApexTV」です。

今回はフィリップス氏という方が、今後起こる「第三次世界大戦」について語っております。それによりますと、我々が最も経過しているあの国、そう「北朝鮮」ですが、どうやらその国は第三次世界大戦に関係がないようです。

しかし2020年には必ず起こるということです。そしてその関係国は中国・ロシア、そしてアメリカ・イギリスという何の意外性もないような構図になるようです。

ートランプ大統領が2期目を務める

そしてフィリップス氏によるとトランプ大統領は2期当選するということです。また全然関係ないのですが、Space Xが火星にも着陸するとのことです。

第三次世界大戦をやっている最中に火星に着陸というのも何だか突拍子もない話のように聞こえますが、これがもし事実だとすれば、日本はどうなってしまうのでしょうか。

ちなみにこのテレビ局では「西暦6000年の未来人」も紹介しております。
世界大戦があろうとも、6000年までは少なくとも人間は生きているようです。

ここまで多くの「未来人」の予言が多発すると、そのうち本当に当たってしまうなんてことがありそうでは有りますが、まさしくそれが「預言」のカラクリと言えるのかもしれません。

掲載元
https://www.mirror.co.uk/news/weird-news/time-traveller-who-claims-born-12075130

   (秒刊サンデー:たまちゃん

3 Comments

秒刊名無しさんでー

第1次世界大戦は、ツァーリズムのロシアを破壊し、広大な地をイルミナティのエージェントの
直接の管理下に置くために仕組まれることになる。そして、ロシアはイルミナティの目的を世界に
促進させるための“お化け役”として利用されるだろう。
第2次世界大戦は、『ドイツの国家主義者』と『政治的シオニスト』(パレスチナ地方に
ユダヤ人国家を建設しようとする人々)の間の圧倒的な意見の相違の操作の上に実現される
ことになる。その結果、ロシアの影響領域の拡張と、パレスチナに『イスラエル国家』の
建設がなされるべきである。
第3次世界大戦は、シオニストとアラブ人とのあいだに、イルミナティ・エージェントが
引き起こす、意見の相違によって起こるべきである。世界的な紛争の拡大が計画されている。
キリストの教会と無神論の破壊の後、ルシファーの宇宙的顕示により、真の光が迎えられる。

秒刊名無しさんでー

この話を信用して欲しかったら、来月起こる事とか直ぐ結果が分かる事を予測してみろよ。
知ってるいるんだろ?w

秒刊名無しさんでー

単純に、直近の宝くじの番号を当てて見せるみたいなのは無いのよね
大抵頭の悪いジョークで、具体的な説明は理由付けて出来ないとのたまうのがお決まりのパターン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。