厳島神社の鳥居、金を埋め込みすぎて倒壊寸前!?ツイッターで話題に

Itsukushimajinja-5
広島県の厳島神社は海上に建立された、非常に神秘的な鳥居が有名ではありますが、この光景を見たことがある人は居ても近づいて触ったことがある人はなかなか居ないのかもしれません。しかしいざ実際に近づいてみますと、衝撃的な事実が判明します。そしてとんでもない危機にみまわれていることがあきらかになります。



ーテーマパークじゃないぞ


問題を指摘しているのはこちらの神之氣道師の黄龍 龍水氏@riyusuisuiriyu。どうやら、厳島神社の鳥居がとんでもないことになっていると呼ばれ、駆けつけたそうです。

この鳥居には、よく硬貨を鳥居に突き刺す行為よろしく、同じようにこちらにも刺されているようですが、どうやら海上ということもあり腐食の速度も早く、また鳥居の割れ目に入れていくので、それが「クサビ」となり倒壊する恐れもあるということです。

世界遺産のこの鳥居が、お金によって倒されるなんていう、なんとも皮肉な状況ではありますが、この状況を防ぐには、一刻もこの状況とマナーを認知させるか、もしくは鳥居を頑強な鋼鉄で立て直すしか無さそうです。



硬貨を鳥居に入れる行為は神社でよく見かけますが、禁止されているところも多く、例えば、出雲大社の縄に硬貨を刺す行為も禁止されております。(現在は網が張られている)

鳥居と言えば徳島県に衝撃的な鳥居があると話題となりましたが

投げる予定だったその効果、お賽銭箱に入れたほうがよっぽどご利益がありそうです。

 (秒刊サンデー:たまちゃん

1 Comment

秒刊名無しさんでー

世の中は本当に馬鹿が多いからなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。