【やってみたい!】ゲリラヨガからクラビングヨガまで、風変りなヨガをご紹介!

インドで発祥したヨガ。今や「ヨガ」を知らない人はいないと言っても過言ではないほど、世界で愛されているヨガである。「色んな種類があって、どれのタイプのヨガを選んだらいいのかわからない」―――ヨガを初めてみようと試みた人は、思い当たるのではないだろうか。今回は、タイトルを「一風変わったヨガ(へんてこりんヨガ)」とし、こんなおもしろいヨガがあるよと、Zalando社が報道している。


ヨガは身体を鍛えストレッチするだけではなく、深い呼吸を行ったり、力を身体から発散させるたりすることで、精神的にも作用する。

ヨガと一口に言えどその流派や目的、方法によって様々なタイプのヨガがあり、その多さは探せば探すだけ種類があるのではないかと思われるほどだ。

それも流行がもたらした結果なのかもしれないが、今回はZalando社は一風変わったヨガを特集している。

サーフ・ヨガ

もはやヨガマットの上でさえないのか!?と突っ込みたくなる、サーフ・ヨガ。運動とリラックスが見事に融合しているヨガだそうだ。

波の上で、身体のバランスを取ることを学ぶこのヨガは、ポルトガル、モロッコ、南アメリカで体験できる。

アクロ・ヨガ

ヨガとタイマッサージのコンビネーションであるアクロ・ヨガ。

二人一組になって、様々なアクロバティックなポーズに挑戦する。その際、2人の間のバランス、身体の力の抜き方などを学ぶ。

相互の信頼がないとポージングが成立しないため、パートナーとの信頼関係を深めるのにも最適だそうだ。

この写真で見られるのはFlying Yogaと呼ばれているポーズで、一方のパートナーの腕と足を土台とし、まるで飛んでいるかのように身体の力を抜きパートナーに委ねることが求められる。

説明だけ読んでいると、ヨガであるということを忘れてしまいそうである。

ヨガはとどまるところを知らない!

ゲリラ・ヨガ

その名の通り「ゲリラ」で行われるヨガ。大都市の真ん中で、突如ヨガ・セッションが行われる。

通常ヨガと言えば心地よい音楽が流れているイメージだが、このゲリラ・ヨガはその代わりに交通の音や人々の声などがBGMとなる。

場所としては、屋根の上、道路、公園など。公園は理解できるが、屋根の上?なぜ?

あくまでゲリラであろうとするため、正確な場所は開始時間の直前に知らされるのだそうだ。

個人的な感想が許されれば、これは精神的にリラックスしたい方には向かないヨガのようだ。

クラビング・ヨガ

波の上や屋根の上があるなら、クラブでヨガが始まったって、何も驚かない。

朝ヨガマットをもって、自分の好きな音楽が流れるクラブにいそいそと足を運び、人が少なくなってきたクラブでヨガをする。場所も十分にあるし、悪くない考えなのかもしれない。

飲み物はもちろん、ジンやテキーラではなく、健康なスムージー。クラビング・ヨガは、今初心者向けのヨガコースとして大変人気を博しているのだとか。

様々な形に発展していくヨガ。それぞれがそれぞれに合った目的と場所、形でヨガを楽しむことができれば、それが一番だ。

掲載元: https://www.zalando.de/verrueckte-yoga-trends/?wmc=CMA49_CR_DE_DS_2030905.&opc=2211&dclid=COqRlNTniNECFYThGwodKLQP5A

(秒刊ライター:はる)

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。