【世界が震撼】謎の四つん這い男の正体判明!自分を「野生の虎」だと勘違いしていた!

 

今年の11月、今までにない衝撃的な報道を世界を駆け巡った。それは謎の四つん這い男が、監視カメラに映り込むという事件だ。通常であれば野生動物を観察するための監視カメラ。何かが動けば当然その様子を撮影するというセンサーが動き出す。当然ながら人間も野生動物として処理され映像を記録する。しかし衝撃的な事実が判明!

今年11月に写り込んだ謎の四つん這い男。素っ裸で画面を駆け巡るというものだが、当時は何故彼がこんなことをしているのかよくわからなかった。当然、イタズラか何かだろうと考える方も多いかと思うが、実はこの事件にはとんでもない事実が判明した。

-彼は21歳の男性でうつ病患者。

 

警察の調べによると彼は21歳のチェコの男性で、鬱病の症状を持っていた。そのためLSD(うつ病用の薬)を服用していたという。その後、突然何を思ったかポーランドの森に入り完全に自分を「シベリア虎」だと信じて裸で動いていたのだという。つまり幻覚作用で彼が自分自身を人間ではなく完全に野生動物だと信じてしまったようだ。

その後、罰金を支払い開放された。

しかし、警察に捕まり罰金を払うだけでは彼が自分を「シベリア虎」だというマインド・コントロールから開放されるわけではない。

また同じように四つん這い男として世間を震撼させる可能性は高い!

掲載元
http://www.dailymail.co.uk/news/article-3997300/Hidden-camera-left-forest-capture-pictures-wild-animals-snaps-naked-man-high-LSD-thought-tiger.html

(秒刊ライター:たまちゃん)

4 Comments

秒刊名無しさんでー

お前は虎だ!虎になるんだ!

秒刊名無しさんでー

おもしろい記事を書いてる
と錯覚してるのはたまちゃん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。