【悲報】ウイルスかよ!Windows10のポップアップ、ついに生活の一部に侵入!

 

7月30日から有料化されるWindows10ですが、次第にポップアップがひどくなってきているとネットでも話題となっております。キャンセルしても度々ポップアップされるということで、ある意味「スパム並」とまで言われておりますが、それはパソコンを閉じれば解決する話。しかし今は生活の一部にまで侵入してきているようです。

なんと、バス停の電光掲示板にまでWindows10のポップアップが侵入!この手のサイネージシステムの多くがWindowsを利用している。そのためアップデートを即すポップアップはアプリケーションを超えて最前面に出てきてしまう。それほど重要な告知であると認識されているようだ。とりわけ古いOSは、スパムやウイルスの対象となるので、アップデートをした方がいいわけですが、反面、古いシステムでないと動かないアプリケーションもある。

変更するタイミングはなかなか足並みは揃わない。

この問題は一体いつまで続くのだろうか。

ーネットの反応

・  Windows10のアップグレードより、バスの行き先表示のほうが重要
・ なんで組み込み版のWindows使ってないねんw
・ それ以前にインフラに対する異識低すぎじゃない
・ ソフトウェアに振り回される環境から脱却しないと広告媒体に使われる場合は営業妨害も視野に入れてやらないとエスカレートするばかりで
・ マイクロソフトは一度、民事・刑事で訴えられて、痛い目に遭わないと、理解でいないと思われます・・・。
・ カネを払わなければシツコク請求画面を繰り返し表示し続ける・・
・ 行き先が見えない!!
・ 学園都市が大変なことにw
・ 今までだって散々アップデート画面出てただろうに、放っておく方が悪い
・ ここまで来ると。MSは本当に、そろそろ危険水域では?
・ Windows 10になってから使いづらくて仕方がない。
・ これは酷い・・・
・ Windows10ってもはやMS製のウィルスみたい
・ もはやウィルス
・ 行き先がwindows10ってことで

(秒刊ライター:Take) 

2 COMMENTS

秒刊名無しさんでー

商用機を民生機と同列に語る勘違いな奴多いな
働けw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。