【悲報】優勝した白鵬、決まり手早すぎで大炎上!謝罪するもさらに炎上!

 

4場所ぶり36度目の優勝をした横綱白鵬。以前から、力士としての態度があまりよろしくないと指摘されていただけに、負けるわけにはいかない状況だった。しかし今回の優勝戦ではなんととんでもないスピードで勝ってしまいあまりのあっけなさに観客からブーイング。それについて謝罪を行うもまたもブーイング。白鵬人気はどこへいったのか。


今回の千秋楽 。試合はあっけなく終了しブーイングの嵐。観客はそれとなく盛り上がりのある一番を期待していただけに失望したようだ。もちろん、やらせのないガチの試合であるがゆえ、このような方法で勝負がついてしまうこともある。だがそれは分かっていても観客はそれを望まないというなかなか難しいエンターテーメントであることが分かる。

その後に涙の謝罪を行うも効果はなし。やはり白鵬の人柄に何かしら問題があるということなのだろうか。最近では、試合中にあまり喜ばれない「ダメ押し」などをすることで横綱力士としての風格を問われている。

白鵬はこのまま批判に耐えることができるのだろうか

(秒刊ライター:Take)

14 COMMENTS

秒刊名無しさんでー

国際化だなんだという
社会の風潮にそそのかされて
外人入れたのが間違い
こうして伝統文化が衰退していく
比例して日本はカスカスになっていく

秒刊名無しさんでー

勝負だから仕方がないとはいえ、大関横綱が立ち会いから変化とか、無様だわ。ましてや千秋楽の結び一番で。本当に無様だわ。張り差しとかも、やって良い状況がある。上位陣で無様な姿を晒したらブーイングも致し形無しです。プロだからね。

秒刊名無しさんでー

横綱だし変化はないだろう、って思考を逆手に取ったんだとしたら酷いな。

秒刊名無しさんでー

相撲よくわからんが
見てて呆気なさ過ぎて
こんなんでいいのかってなった感はある

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。